氣志團・綾小路翔が橈骨神経麻痺? 「突然右手に力がまったく入らなくなった」

印刷

   「橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)」という病気がある。手首や指の運動を支配する「橈骨神経(とうこつしんけい)」が麻痺し、手首が下に垂れっぱなしになり手首を反らしたり指を開いたり握ったりすることが難しくなるというものだ。

   ロックバンド「氣志團(きしだん)」のボーカル・綾小路翔さんが、この病気の疑いがあることを自身のツイッターで明かした。ファンからは心配の声が相次いだが、幸い順調に回復しているようだ。

「各方面のゴッドハンドのお力添え頂き、何とかマイクは握れた」

綾小路さんのツイート
綾小路さんのツイート

   綾小路さんは2014年7月4日の、ロックバンド「NIGHTMARE(ナイトメア)」とのライブを翌日に控えた3日夜、「赤羽に来ております」とツイートした。続けて、

「実は今朝ちょいと負傷したのですが、赤羽のゴッドハンドのおかげで、明日も元気に歌えそうです。こんな時間に対応して下さった先生に感謝。よーし、明日はナイトメアとのガチバトル。気合い入ったぜ。おっしゃ!」

と投稿していて、何らかのけがを負ったことを匂わせていた。

   そして7月6日、以下のツイートを連投した。

「GIG(編注:ライブ)に来てくれた方々の一部からご心配のメッセージを頂きましたが、実は二日前、突然右手に力がまったく入らなくなってしまいました。しかし、翌日にはGIGが控えており、最悪の事も想定した上で、今出来る最善の事を綾小路に施そうと、本人は勿論、メンバー・スタッフ一同フル回転」
「東京中を奔走し、カイロプラクティックや鍼など、各方面のゴッドハンドのお力添えを頂き、固定さえすれば何とかマイクを握るぐらいまでの握力には復活。手首にはまったく力が入らない為、かなりの不恰好ではありましたが、どうにかこうにか本番を乗り越えることが出来ました」
「恐らく橈骨神経麻痺の類いかとは思いますが、驚くべきは己の驚異的な治癒能力。現在かなりの勢いで回復中です。完治するには、通常二ヶ月以上かかると言われていますが、お医者さまからも『凄いな。この回復力ならすぐ治るかも』と太鼓判。そんなわけでご安心下さい。この度は大変お騒がせ致しました」
「箸を持つのも、歯磨きをするのも右手。顔を洗うのも、髪を洗うのも、傘をさすのも、鍵を閉めるのも、ボタンを留めるのも、これまでどれだけ利き手に頼ってきたかが解りました。これを機に、今後は左手も意識的に使う事を決意。同時に五体満足に感謝。当たり前じゃない。親から貰った体、大切にします」

「お箸が使えるようになりました。ビールもグラスなら余裕」

   一連のツイートに対し、ファンからは「驚異の回復力とはいえど、やはり心配です」「どうかご無理なさらずに」「お医者さんの言うことだけは、絶っっっ対に守って下さいね」など心配のリプライが続々と寄せられたが、綾小路さんは

「右手に一切の力が入らなくなり、一昨日までは(もしかしたら、一生ちんちんを弄れなくなるのでは…)と嘆いていましたが、昨日の夜には『代わりにちんちんを弄ってくれる人を本気で募集しているんだ』と、心配してくれる女の子全員に真剣に伝えている、前向きな自分と出逢えました」

とふざけてみせた。

   14年7月7日には改めて、

「右手の件ですが、驚異的な回復を遂げておりますので、ご心配なくお願い致します。昨日からはお箸が使えるようになりました。ビールもグラスなら余裕、ジョッキだとプルプル。腱鞘炎ではないので、リハビリがてら適度に使っております。最早日常生活に必要な握力は復活。お騒がせして申し訳ありません!」

と気丈なツイートを投稿している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中