イチロー「トレード話」、まだ終わらない 打率3割近く「何でもできる選手」には魅力がある

印刷

   イチローのトレードが進められていた…。ヤンキースの機密情報が流れ、米球界は大騒ぎになっている。

   FBIが捜査に乗り出したというから、まさに一大事だ。

「5番目の外野手」扱いだったが・・・

   このショッキングなニュースを米国メディアが報じたのは2014年6月末のこと。ヤンキースがアストロズにトレードを画策していた、という内容だ。漏れたのは、アストロズのデータベースから。

「ヤンキースのGM補佐からアストロズに話があった」

   今シーズンの開幕前の出来事のようだが、その中身は生々しい。

   イチローの今季の年俸は650万ドル(約6億5600万円)で、トレードに応じてくれればヤンキースが450万ドル(約4億5400万円)を負担するというものだ。

   つまり、ヤンキースのフロントはイチローを今季の戦力に入れていなかったわけで、現在もピンストライプのユニホームを着ているのは、放出は交換選手などで不調に終わったからである。

   このところヤンキースは連敗するなど安定感がない。田中、黒田の日本人投手が崩壊寸前の投手陣を支えている状態。攻撃陣も故障者が相次ぎ、イチローの出場で持ちこたえているのが実情だ。

   今年のイチローは「5番目の外野手」の扱いで、開幕して先発出場はほとんどなかった。ベンチで出番を待ち、試合の後半に代打、代走、守備固めなどで出場。それでも打率3割をマークして存在感を示していた。

   データ流出は社会問題だが、その中身は大リーグにとって痛手である。

「フラッグ・トレード」の可能性もある

   今回の流出事件は、昨年夏頃から10か月間ほどのチーム編成に関する情報だという。イチローだけでなく大物選手の名前も報じられた。レンジャーズのフィルダーもそのひとりだったことが明らかになっている。

   チーム編成はどの球団でも1年を通じて休むことなく進められている。それが漏れたとあっては、管理不行き届きを責められても仕方がない。名前が出た選手は、首脳陣との信頼感が失われてしまう。選手も監督もフロントも疑心暗鬼の中で試合をしていくことになる。

「機密情報が不法に奪われた。そして公開された。トレードに関する情報であることは事実だが、一部はでっち上げられている」

アストロズのフロントはそう嘆いた。そして事後処理についてこう言う。

「大リーグ機構とFBIの協力を得て捜査に乗り出した」

   さて、イチローである。ヤンキースに移って以来、これまでトレード話は何度もあった。マリナーズ時代にはほとんどなかったことだ。大リーガー晩年の宿命といっていい。今年40歳。それでも年齢を感じさせないプレーを見せている。

   ということは、トレード話は生きているかも知れないのである。7月末まではトレード期間で、優勝の可能性のある球団は優勝するための戦力補強を行い、その時期のトレードを「フラッグ・トレード」と呼ぶ。

   イチローのように何でもできる選手は優勝争いのチームにとって魅力がある。主力選手を平気でトレードするヤンキースだ、何があるか分からない。「情報通りだ」と実行に移すことも考えられる。それが大リーグのビジネスなのだ。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中