SKE48が「通信カラオケ」でオーディション 須田亜香里が「一人カラオケ」の理由明かす

印刷

   名古屋を拠点に活躍するSKE48が、新規メンバーのオーディションを通信カラオケのシステムを使って行うことになった。2014年7月7日、東京・秋葉原で記者発表会が行われ、メンバーは「はきはきと喋るのは大事」「笑顔を」などとアドバイスを送った。

   過去のオーディションのエピソードも多数披露された。特に3期生の須田亜香里さん(22)は、かつては人前で歌を披露するのが苦手で、当初はなかった歌唱審査が途中で加わったのを知って「受けるの本当にやめようと思った」と吐露。周囲を驚かせていた。

カラオケルームで90秒の動画を最後まで再生すると「1票」とカウント

「カラオケは、行くなら一人で」と明かす須田亜香里さん。SKEの中では「W松井」に次ぐ人気だ
「カラオケは、行くなら一人で」と明かす須田亜香里さん。SKEの中では「W松井」に次ぐ人気だ

   今回募集されるのは7期生。1次審査では、従来の書類やウェブサイトに加えて、第一興商(東京都品川区)が提供する通信カラオケサービス「DAM★とも」で歌唱シーンの動画や歌声を登録して応募することができるようになる。面接による2次審査とウェブ投票による3次審査を経て最終審査に残った人については、プロフィール、意気込み、歌うシーンを撮影して全国のカラオケルームに配信する。動画は候補者1人あたり90秒で、カラオケ利用者が動画を最後まで再生すると「1票」が投じられたとカウントする仕組みだ。1次審査は7月19日から8月31日にかけて受けつけ、最終審査は14年末から15年初めにかけて行われる。

   松井珠理奈さん(17)は

「お母さんの夢でもあり、自分の夢でもあったので、オーディションを受けてみたいと思った」

などとオーディションの思い出を披露したが、中でも際立っていたのが須田さんのエピソードだ。須田さんは14年6月の「選抜総選挙」では10位にランクインし、SKEの中では4位の松井珠理奈さん、5位の松井玲奈さん(22)に次ぐ人気だ。須田さんは幼少期から13年間にわたってクラシックバレエを習った経験があり、12年に初出場したNHK紅白歌合戦では「フェッテ」と呼ばれる回転技を披露したことが話題になった。

   だが、歌はかなり苦手なようで、オーディションを受けようと思った理由は「3期生のオーディションだけ、歌唱審査って書いてなかった」から。だが、審査が進んでいくうちに歌唱審査が追加になったことを聞いて「受けるの本当にやめようと思った」ほどだったという。

珠理奈さん「歌がうまい子が入ってくれたら」

記者発表会に出席したSKE48のメンバー。左から古川愛李さん、木本花音(かのん)さん、松井玲奈さん、松井珠理奈さん、須田亜香里さん、北川綾巴(りょうは)さん、古畑奈和(なお)さん
記者発表会に出席したSKE48のメンバー。左から古川愛李さん、木本花音(かのん)さん、松井玲奈さん、松井珠理奈さん、須田亜香里さん、北川綾巴(りょうは)さん、古畑奈和(なお)さん

   囲み取材では、珠理奈さんが期待されるメンバー像について

「正直言うと、『SKEで歌がうまい子は誰だ』と聞かれると、あまりぱっと出てこない。今回、歌がうまい子が入ってくれたらうれしいと思う」

と話すと、須田さんはあわてて

「音程外さないです!音は合っています」

と釈明。だが、

「カラオケは、行くなら一人で行きますね。メンバーとは色々トラウマがあって…。中学生の頃のトラウマで、大人数ではカラオケに行けないんです」
「歌っているのを見て、いろいろ言われたっていう…」

とも話し、過去の苦い経験は消えないようだ。

   最後に珠理奈さんがお得意のダジャレを披露。

「『こんなに頑張ってるから、オッケー!』って言ってもらえるような素敵な子が来たらうれしい」

   「カラオケ」にちなんだ内容で、報道陣を感心させていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中