平野綾の「お金なくてティッシュ食べてた」は本当か 同じ苦労話を披露していた有吉弘行は「食えなかった」

印刷

   声優の平野綾さん(26)がテレビ番組の中で打ち明けた「貧乏話」に疑問の声が相次いでいる。

   駆け出しのアイドルだった頃、お金がなくて「ティッシュを食べていた」というのだが、インターネット上ではさっそく「嘘認定」されてしまっている。

街でもらえるティッシュはおいしくない

一般的なポケットティッシュはお気に召さないようだ(画像はイメージ)
一般的なポケットティッシュはお気に召さないようだ(画像はイメージ)

   平野さんは2014年7月4日放送のトークバラエティ―番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)に出演し、売れていなかった頃の苦労を語った。番組内容を伝えた記事によると、平野さんは十分な稼ぎのなかったころを振り返りながら「お金がないときはティッシュにしょうゆをつけて食べていました」と告白し、共演者陣を驚かせた。

   さらに食べるティッシュはどれでもいいわけではないようで、街でもらえるティッシュはおいしくなく、市販のローションティッシュ(保湿ティッシュ)のようなものがいいなどと「力説」した。

   同日にはブログも更新し、

「放送終了後からネットニュースになっていましたが…そうなんです。実は私、お金がない時代にティッシュを食べたことがあります(笑)ハルヒ(編注:人気アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』)をやっていた頃です。食べるものがなくて、裂けるチーズを3日に割いて食べていました」(原文ママ)

などと、改めて「ティッシュ食」のエピソードを紹介していた。番組では10年ほど前と言っていたが、平野さんの出世作である「涼宮ハルヒの憂鬱」の放送開始は2006年4月なので正確には8年前の話だったようだ。

   だが、この貧乏話には首をかしげる人も少なくない。そもそも高品質のティッシュを購入するお金があるのなら、パンでもおにぎりでも買えるではないかというのが通常の見方だろう。この点については番組内でも共演者から突っ込まれていた。

   また、仮に一人暮らしで生活費が苦しかったとしても横浜にある実家に戻れば済むのではという意見や、子役時代から大手メーカーのCM出演経験があったのだからそれなりに稼いでいただろうという指摘もある。ティッシュを食べるほどまで困窮していたとは思えないというのだ。

「細くしても、口に入れた瞬間ティッシュに戻る」

   もちろん「ティッシュを食べる」こと自体もハードルはかなり高い。

   7月6日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)では、過去に同じエピソードを語っていたことのある有吉弘行さん(40)も実際には食べることができなかったと語っている。

   有吉さんは若手の頃の苦労話をつい盛ってしまい、「ティッシュをうどんみたいにして食ってました」とウソをついたため、テレビ番組の中で再現させられて困ったと3月12日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)の中で打ち明けていた。

   そうした経緯があったことから、6日放送のラジオで有吉さんは「『ティッシュ食ってた』ってウソをずっと言い続けてたんだけどね」と話し始めた。今回の件に関しては「平野綾さんはうまく食べてたのかもね」と言うにとどめたものの、「ティッシュをそうめんみたいに細くしても、口に入れた瞬間ティッシュに戻るの。ただの紙に。だから食えないよっていうことを(『怒り新党』の中で)言ったんです」と実際に食べることのむずかしさを改めて説明していた。

   試しに記者も口に含んでみたが噛めば噛むほど固まって飲みこみにくくなり、高品質かどうかという次元の話ではなかった。以前、ファッション誌「VOGUE」オーストリア誌の元編集者が空腹を抑えるためにティッシュを食べているモデルたちがいると話していたが、ダイエット目的ではない平野さんがなぜ「口に合う」ものをわざわざ選んでまでティッシュを食べていたのか。理由は分からないままだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中