「アポなし取材」と実名晒した記者は別人だった! 野々村県議のブログにサンテレビ側が大困惑

印刷

   野々村竜太郎兵庫県議(47)がアポなし取材だとしてブログで実名を晒した地元のサンテレビ記者は、別人だったことが分かった。

   2014年7月7日は、1日の号泣会見以来、姿をくらましている野々村竜太郎議員が現れることが期待された。

野々村議員は、マスコミから逃げまくる

ブログに事実誤認が…
ブログに事実誤認が…

   それは、兵庫県議会が緊急の代表者会議に本人を呼び出す見通しだったからだ。実際、梶谷忠修議長が本人に議員辞職を促す勧告を行う事態にまでなったが、一方で、報道陣は肩透かしを食らう形になった。

   報道によると、野々村議員は、貨物用エレベーターで裏口から議長応接室に入っていたことが後で分かった。

   議会事務局の幹部が2日朝に野々村議員に会うと、マスコミの前に出たくないと訴えた。そこで、本人の意向を配慮して、貨物用を使うよう誘導していたというのだ。野々村議員はそのとき、「自殺に追い込まれるかも」と漏らし、過呼吸気味だったという。

   7日にたまたま野々村議員を見たという大阪・毎日放送の記者がテレビで語ったところによると、「説明して下さい」と声をかけると、野々村議員は、全速力でエレベーターまで駆け込んだ。無精ヒゲを生やし、少しやつれて目がギョロっとしていたそうだ。

   辞職勧告を受けた後のこの日正午には、野々村議員は、1か月ぶりにブログを更新し、報道機関に取材自粛申し入れをすると発表した。

   そこでは、女性記者1人の実名を挙げて、サンテレビの記者やカメラマン計3人が6月30日に自宅周辺まで押しかけて「アポなし無許可録音録画取材」をしたと指摘した。また、会見以後の取材は一切受けないと表明したにもかかわらず、会見に参加したテレビ局の男性記者1人が7月2日に約束違反になるアポなし取材をしたと書いた。

削除を求めようとしたが、連絡がつかず

   野々村竜太郎議員は、ブログでさらに、家族や親族まで取材過熱の恐れがあり、友人や知人、近隣住民にまで迷惑が及んで心苦しいと言っている。

   ブログの内容について、サンテレビの報道部長は、2014年6月30日に自宅へ取材に行ったのは別の女性記者だとJ-CASTニュースの取材に話した。

「野々村議員が会見冒頭でマスコミに名刺を提出するよう求めたとき、ブログに書かれた記者が名刺を渡していました。2人とも女性だったこともあって、間違ったのでしょう。別の記者らは、自宅前で帰りを待っていたところ、野々村議員は、帰ってきてすぐに外に逃げてしまったので、名刺を渡していません」

   そして、「とても困っています」と漏らした。ブログから削除を求めようとしたが、野々村議員は雲隠れ状態のため連絡がつかないという。そこで、ブログを運営しているサイバーエージェントにも削除依頼をしたと明かした。

   会見後の7月2日に自宅へ行ったのは、サンテレビの記者ではないという。

   一度、自宅まで取材に行ったことについては、こう説明する。

「神戸新聞の夕刊に野々村議員の記事が出て、連絡を取ろうとしました。しかし、電話に出られませんでしたので、自宅に行って取材申し込みをしようとしたわけです」

   野々村議員が取材自粛を求めていることについては、「税金を使って活動している公僕ですので、説明責任があると思います。会見後に、切手代などの新たな問題も出ていますので、県民に説明すべきでしょう」と反論している。

   サイバーエージェントの広報部では、削除依頼を受けた場合、ブログを書いた側に確認をして、事実でないなら削除するとした。1週間連絡がない場合も、削除対応をするという。なお、ブログのコメント欄に野々村議員の激励ばかりが載ることが話題になっているが、本人が承認したコメントだけを反映できる機能もあるとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中