「無断撮影の是非」芸能人でも意見分かれる 「嫌なものは嫌」VS「しょうがないでしょ」

印刷

   お笑い芸人の小籔千豊さん(40)が、芸能人への「無断撮影」をテレビ番組で批判した。この1か月でもきゃりーぱみゅぱみゅさん(21)や市川海老蔵さん(36)らが、買い物や移動中に無断撮影されたと明かしている。

   ただ、「芸能人なんだから、しょうがない」「公人だから当然」という反対意見も少なくない。また、ネット上でも意見は二分している。

「公のお金で飯食ってない」

撮影には「覚悟」が必要?(画像はイメージ)
撮影には「覚悟」が必要?(画像はイメージ)

   2014年7月11日の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)は、「『芸能人が無断撮影をがまん』はどう思う?」がテーマだった。ゲスト出演者は番組冒頭、

「がまんしない。嫌なものは嫌」(千秋さん)
「芸能人なんだから、しょうがないでしょ、それは」(山路徹さん)
「芸能人は『公人』ですから当然です。よろこんで(写真撮影を受ける)」(松居一代さん)
「『がまんせなあかん』(ということについて)、ちゃんとした論理的意見なら聞かせてもらいたいと思います」(小籔さん)

と、それぞれの立場を示して、トークに入った。

   「公人」とは政治家など、公職についている人のことを指す。小籔さんは「公のお金で飯食っているわけじゃありません」と松居さんに反論。「それだけ好かれているんだから」といった街の声も、「(その理屈が通用するなら)きれいな女の人の乳さわってええんかい」と一蹴する。

   千秋さんはテレビ局などでは「仕事」だから良いが、プライベートは「勝手に撮られるのは嫌」という。司会のバナナマン・設楽統さんは「小籔さんの熱量まで反対ではないし、松居さんほど寛容ではない」というケース・バイ・ケースの立場をとる。

   山路さんは無断撮影を「職業的リスク」と考え、きゃりーさんのケースは「受け入れなきゃ、しょうがない」とする。「みなし公人」である芸能人は、芸能人になろうとした時点でプライバシー侵害のリスクを考えるべきで、無断撮影は「人気のバロメーター」だとした。なお番組で紹介された街頭アンケートでは、40人中22人が「芸能人にプライバシーはない」と答えていた。

「タレントも街の中へ出れば、一般の人とまったく同じプライバシー」

   当事者ですら意見が割れる問題だけに、ツイッターでも、

「顔を売って人気を得てお金もらう商売やろ?それで一般人の何倍もお金もろてんのやろ?なら少しは我慢せんかい」
「芸能人だから無断撮影は許されるってのは、AV女優だから会えばレイプしても許されるってのと同じ気がする」

のように、両方の考えが出ている。

   芸能評論家の肥留間正明さんは、芸能人も一般人同様にプライバシーはあるが、その内容は制限される。個人がブログやツイッターなどの「媒体」や、カメラを持っている限り、芸能人は「『いつ撮られるかわからない』という事を覚悟しなくちゃいけない」と指摘する。

   しかしその一方で、「タレントも街の中へ出れば、一般の人とまったく同じプライバシーがあることを認識していただきたい」ともいう。

「僕は載せる側に対して、厳しく言いたいところがあるんです。なんでも匿名だからいいのかと、自分がわからなきゃいいのかと。ツイッターなんて『拡散希望』って言えば、それをどんどん広げちゃってもいい。これは無責任極まりないことで、逆に言うと危険なことです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中