マー君「右ひじ故障」で長期戦線離脱 変化球多投が「異常事態」のサインだったか

印刷

   ヤンキースのエース田中将大は2014年7月10日、右ひじの靱帯部分断裂のため治療に専念することになった。今後の精密検査によっては手術もありうるというから重症である。

   いったい何があったのか。

精密検査によっては靱帯の移植手術も

「ひじ痛のため戦列を離れる」

   ヤンキースのジラルディ監督は当初、軽症と考えていたようで、15日間の故障者リスト(DL)に入れる、と発表した。それが9日のことである。

   田中は8日のインディアンス戦に先発、7回途中で降板し、5失点で4敗目を喫した。ベンチに下がり、苦痛のためか顔をゆがめた。異常を首脳陣に訴えたのだろう。

   球団が取った措置は検査。試合地のクリーブランドから本拠地のニューヨークに戻り、さらにヤンキースのチームドクターが出張しているシアトルに移動して検査を受けた。中西部から東海岸、そして西海岸と動いたのだから、普通の状況ではないことが分かる。ヤンキースはその事態に驚いたのである。

「6週間休む」

   球団の新たな発表だ。しかも、その間に行う精密検査によっては、靱帯の移植手術も、とまで付け加えている。

   選手間投票で選ばれたオールスター戦の出場は無理で、後半戦もしばらく投げられない、というのが現在の状況だ。

ひじに負担がかかる大リーグ球

   推測するに、ひじの違和感は以前からあったのではないか。勝負どころで速球がほとんどなかったし、変化球が圧倒的に多かった。少なくとも昨年、楽天で見せた24連勝のピッチングとは違っていた。おそらく対戦した大リーガーの打者たちも、事前の情報と違うぞ、と思ったのでないか。

   田中にすれば、「161億円の投手」の名に恥じない投球を見せなければ、と肝に銘じたはずである。だからひじに異常を感じてもすぐ口に出すことはエースのプライドが許さなかったのではないか。

   そのプレッシャーと闘いながら12勝という最高の成績を挙げていたのだから、たいしたものである。その代償が「投げられなくなったひじ」とすれば、まさに好事魔多しとしかいいようがない。

   今回の田中のアクシデントについて、ある日本の監督経験者は語る。

「大リーグで使用するボールは日本のそれとは異なる。とくに、すべる感じで、指先をしっかり持たないとコントロールに影響する。きつく持って投げるからひじに負担がかかる。日本のボールではありえないのだが、それに順応しなければ勝てない」
「それにスプリットなど落ちるボールの多投も原因のうちだろう。フォークボールなど回転させないボールを投げるときも手首を使わないのでひじに負担がかかる。複合的な要素が絡んだのだろう」

   手術をするとなれば、来シーズンの登板も不可能となる。田中にとって初めて遭遇したピンチである。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中