NISA、非課税枠の倍増検討 菅官房長官が表明

印刷

   菅義偉官房長官は、少額投資非課税制度(NISA)の非課税枠(現行、年100万円)を倍増したい考えを示した。2014年7月11日、日本外国特派員協会での講演で、「来年には倍増しようと思う」と述べた。今後、検討を重ねて2015年度の税制改正での実現に意欲をみせた。

   個人投資家に時間をかけて資産を増やす「長期投資」を促すため、非課税枠以外についても制度の拡充策を検討すべきとの認識も示した。

   「日本経済の再生を進め、その果実を全国に広めていくために(非課税枠を)拡充すべきだ」と指摘。口座数を大幅に増やし、個人の株式投資拡大に弾みをつけたい考え。

   NISAは現行、上場株式や投資信託などに年100万円以内で投資して得た売却益や配当金に5年間税金がかからない。金融庁によると、3月末時点の口座数は650万にのぼり、投資総額は1兆34億円に達している。

   政府はNISAの残高を2020年までに25兆円に増やす目標を掲げている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中