南相馬産のコメからセシウム検出 がれき撤去影響か

印刷

   福島県南相馬市で2013年秋に水田14か所で収穫された米から、1キログラムあたり100ベクレルの基準値を超える放射性セシウムが検出された。農林水産省は2014年7月14日、東京電力福島第一原発のがれき撤去作業で放射性物質が飛散したのが原因の可能性があるとして、3月に東電に対策を求めていたことを明らかにした。セシウムが検出されたコメは処分され、市場には出回らない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中