「鳥肌が立った」ネットで書き込み続々 NHK「軍師官兵衛」関西は「視聴率20%」越え

印刷

   NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」が放送開始から半年で、視聴率がV字回復の勢いを見せている。それは、ドラマ展開にある仕掛けがあったからだった。

岡田准一さん「本能寺の変」演技に称賛の声

公式サイトにも宣伝が
公式サイトにも宣伝が

   2014年7月13日放送の「軍師官兵衛」は、織田信長が明智光秀の謀反で討死する「本能寺の変」の回だった。ネット上では、岡田准一さん(33)ふんする黒田官兵衛が狼狽する豊臣秀吉にチャンスを説く演技に、こんな称賛の声も相次いだ。

   報道によると、この日の視聴率は、関東で17.5%に達し、28回の放送のうちで3番目に高かった。ドラマの舞台となった関西では22.1%にもなり、初回1月5日の23.0%に次ぐ数字となった。「軍師官兵衛」は、5月4日には関東で12.3%と視聴率が最低に落ち込んでいた。関西でも14.9%に留まった。それだけに、スポーツ紙などでも、「V字回復」と大きく取り扱われた。

   視聴率が回復傾向を見せ始めたのは、6月1日の放送で官兵衛が武将による幽閉から救出されたときからだった。官兵衛が真っ直ぐな若者から影のある策略家へと脱皮し、「軍師」として飛躍していく。ネット上では、「幽閉後から官兵衛の黒さが増してきてますます面白くなってきた」などと書き込まれており、その展開ぶりが視聴率のアップにもつながったらしい。

   岡田さんは、「主役としてギリなぐらい悪い顔をしている」とインタビューに答えており、大河では珍しい設定だとも報じられている。

   放送評論家の松尾羊一さんも、官兵衛の幽閉中などは地味なシーンが連続していたとし、それが面白い展開に変わったことで見る人が集まり出したとみる。

「本当はもっと視聴率を取らないといけない」

   さらに、松尾羊一さんは、岡田准一さんの懸命な演技を評価するほか、織田信長を演じた江口洋介さん(46)もうまいと言う。単なる残酷さを演じるばかりでなく、その世界観をも表現する力が抜群だというのだ。

   そして、「本能寺の変」の回は、時代が変わるクライマックスの場面として注目度が違ったと指摘する。

「忠臣蔵での討ち入り、坂本龍馬の暗殺と並ぶ、3大シーンの1つになります。テロに遭って殺される信長に対し、過去の大河ドラマでは、『殺さないでくれ』と助命運動まで起きたほどですよ」

   報道によると、NHKでは過去に12作品も「本能寺の変」を取り上げており、ツイッターなどでは今回、信長が殺され過ぎだなどと話題になっていた。

   「本能寺の変」の回の直前には、NHKが見どころを紹介する岡田さん出演のスペシャル番組を放送している。それも視聴率を上げる一役を担ったようだ。

   ただ、松尾さんは、ドラマについて、こうも言う。

「3大シーンなら、本当はもっと視聴率を取らないといけないと思いますよ。バラエティ全盛の中では立派な数字ですが、歴代の大河と比べれば、ドラマの出来としては普通ではないでしょうか」

   もっとも、岡田さんのキャラも安定してきて、ドラマの人気がすぐに落ちることはないとも言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中