Google+が実名ポリシー変更 ニックネーム使用可能に

印刷

   米Googleは2014年7月15日(現地時間)、実名登録が必要とされていたSNS「Google+」のポリシー変更を発表した。今後はニックネームなど好きな名前を使えるようになる。「実名主義はリアルな人々のコミュニティ形成に役立ったが、本名を使わずに参加したい多くの人を排除してしまった」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中