北朝鮮、米コメディー映画でホワイトハウスに抗議文

印刷

   北朝鮮は、金正恩第1書記の暗殺作戦を描いたコメディー映画「インタビュー」をめぐり、ホワイトハウスに抗議文を送った。米政府系ラジオVOAが2014年7月17日、複数の外国消息筋の話として伝えた。抗議文は北朝鮮の最高権力機関にあたる国防委員会の名義で、「最高指導者に対する冒涜」などと映画を非難する内容だという。

   北朝鮮は国連大使も潘基文(パン・ギムン)事務総長に対して抗議文を送り、総会や安全保障理事会で回覧するように求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中