野々村元県議、自宅に家宅捜索 虚偽公文書作成・行使の容疑

印刷

   兵庫県警は2014年7月18日、元兵庫県議・野々村竜太郎氏(47)の西宮市の自宅を家宅捜索した。政務活動費をめぐる虚偽公文書作成と行使の容疑。

   報道によると、野々村氏は13年11月、西宮市内の高校を訪れていないのに、往復の電車賃360円を収支報告書に計上したなどの疑いがもたれている。県議会は11日、これについて刑事告発していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中