「とくダネ!」小倉氏、民間機撃墜は「前代未聞」 笠井アナが20分後に訂正

印刷

   アムステルダム発クアラルンプール行きのマレーシア航空MH17便(ボーイング777-200型機)が2014年7月17日夜(日本時間)に何者かによって撃墜された事件は、翌18日朝の日本のワイドショーでも大きく取り上げられた。

   多数の死者が出た航空機事故の扱いが大きくなるのは当然だが、その中でも先走ってしまったのがフジテレビ「とくダネ!」の小倉智昭氏。番組冒頭で「民間の航空機が撃墜されたという前代未聞の事件」と口走り、約20分後にアナウンサーが「調べていくと20数件実は起きておりまして…」と、さりげなく訂正する一幕があった。

大韓航空機事件では日本人も多数犠牲になった

   番組冒頭、事故現場のVTRが短く流れ、直後に小倉氏が

「今、映像でご覧いただきました、深夜に大変驚くようなニュースが入ってきました。マレーシア航空機がウクライナで撃墜されて、乗客乗員全員が死亡したとみられています。民間の航空機が撃墜されたという前代未聞の事件。現場はウクライナ軍と親ロシア派が戦闘を続けている地域で…」

などとコメントした。

   だが、民間機が撃墜されるのは「前代未聞」ではない。最も有名なのは1983年に起きた大韓航空機の事件。ニューヨークからアンカレッジ経由でソウルに向かっていたKE007便(ボーイング747-200型機)が航路を逸脱してソ連(当時)の領空を侵犯し、サハリン付近でソ連軍機に撃墜された事件だ。日本人28人を含む乗員乗客269人全員が死亡している。

   事故当時は「サハリンに強制着陸させられ、乗員乗客は全員無事」といった怪情報が飛び交い、一時はメディアの報道も混乱した。

   1988年には、米海軍のミサイル巡洋艦がペルシャ湾上空でイラン航空機をイラン軍機と見誤って撃墜し、乗員乗客290人が全員死亡。米側は誤りを認めて遺族に賠償金を支払っている。2001年には、ウクライナ空軍が黒海上空でシベリア航空(現・S7航空)機を撃墜し、乗員乗客78人が全員死亡した。やはり軍用機と見誤ったとみられている。

   それ以外にも1954年にキャセイ・パシフィック航空機が海南島沖で、1973年にはリビア航空機がシナイ半島で、それぞれ撃墜されたことが広く知られている。

笠井アナ「調べていくと20数件実は起きておりまして…」

   さすがに番組としても小倉氏の発言を訂正する必要を感じたのか。番組が始まって約20分後に放送された撃墜事件のコーナーの中で、笠井信輔アナウンサーが

「過去にも、旅客機が撃墜された例というのは、調べていくと20数件実は起きておりまして…、有名なのは1983年の大韓航空機撃墜事件。金賢姫の爆破事件の前に、撃墜された事件があった」

とフォロー。事実上の訂正をした。

   小倉氏も

「民間機が今まで打ち落とされたっていう例もあるし、ウクライナの上空で同様の事故が起こったこともある」

と軌道修正し、笠井アナも

「01年にシベリア航空の民間機が、ウクライナ軍の地対空ミサイルで撃墜されたこともある」

と応じていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中