監禁容疑者巡る報道に偏りはあるのか 結婚経験あり、母の介護していたのに「オタク」?

印刷

   岡山県倉敷市の女児監禁事件で、容疑者の部屋にアニメポスターが貼られていたことが盛んに報じられ、監禁と関係があるのか、とネットで反発が出たが、さらにマスコミへの不満の声が高まっている。

   男は結婚経験があり母親の介護もしていたことがあまり報じられず、アニメと監禁の関係ばかりが強調されているとして、報道に偏りがあると憤るコメントが書き込まれている。

「母親の面倒を熱心に見ていた」

   アニメファンの多いネットでは、監禁事件の報道が「オタク叩き」であるという意見が目立つ。アニメのポスターを貼るような人間だから事件を起こした、と誘導されていると怒り、それ以外の犯人の素性がほとんど報じられていないとしている。

   大手まとめサイトでも、

「容疑者は結婚経験アリ。親の介護で懸命に支えるため仕事を辞め実家に戻った・・・ 報道してんのコレ?」
「犯人は実は既婚だった模様。親の介護で仕事を辞め、父親とは死別・・・全然報道されてなくない?」

といった見出しが並ぶ。

   まったく報道されていないわけではない。2014年7月22日放送のフジテレビ系「とくダネ」では容疑者の過去を取り上げた。親類の証言では、容疑者は都内の私立大学、大学院を出て、その後に結婚して海外で挙式した。結婚は長く続かず離婚し、子どももいなかったという。

   産経新聞の7月21日の記事によると、容疑者は以前、県外で仕事をしていたが、母親の介護のため月に数回実家を訪れ、「車いすに乗せ同窓会に付き添ったり、手作り弁当を渡すこともあった」。近所の住民による「母親の面倒を熱心に見ていた」という証言も書かれている。

   しかし、一連のマスコミ報道で強調されていたのは「アニメ好き」という部分だったと感じた人が多いようで、「やらかしたことは許されんけど、もうちょっと公平に報道すべき」「悪意ある偏見ある犯人像を作り上げての報道な恥はないのか」といったツイートが出た。

   どんな事情であったとしても断じて許されない犯行だが、「結婚して子供もできずに離婚してたり、父親亡くなって母親介護施設行ってたりするの聞くと、やっぱ辛いこともあったんだなぁって思う。そりゃ誘拐したら犯罪だけどアニメ関係ねぇだろ」という意見もあった。

テリー伊藤「少女監禁ビデオみたいのがある」にも反発

   また、アニメと監禁事件の関連について、テリー伊藤さんの発言が物議を醸している。2014年7月22日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」に出演した際、「ここ(監禁部屋)にポスターが貼ってあったって言う話があるんですよ、少女アニメの」と番組VTRになかった話題を切り出し、

「少女監禁ビデオみたいのがあるから、それを見ていてどんどんどんどん現実とビデオの中の世界とか、もう自分の中でわからなくなってきた。そういうのもあるんでしょうね」

と発言した。

   これに対して、「現実と妄想がごっちゃなのはお前だ」「因果関係がハッキリ証明されてるワケじゃないのに、安易に犯行とアニメを結びつける発言」などの書き込みが相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中