またまた一般人のツイートが「炎上」 「自宅全焼」写真に「火事をネタにするな」

印刷

   またしても、一般人のツイートが「炎上」する騒ぎがあった。自宅の火災現場を写真付きで投稿し、「火事までツイッターのネタにするとは」などと非難されたのだ。

   しかし今回は、注目を集めリツイートを稼ぎたいという、いわゆる「バカッター」ではなかった模様だ。全焼した家を見せることで、訴えたいことがあったらしい。

「ツイートする余裕がある屑」「バカツイッタラーのかがみ」

自宅の全焼を報告したツイート
自宅の全焼を報告したツイート
「おうち全焼しました」

   あるツイッターユーザーが2014年7月23日、日付が変わってすぐにこんなツイートを投稿した。

   弟がやかんを空焚きしていたのが原因といい、すっかり焼けてしまった家の周辺で消防の人々が立っている写真をツイートした。

   ツイートは1000回以上リツイートされる騒ぎになり、心配やアドバイスなどのリプライが寄せられ始めたが、中には「ツイートする余裕がある屑」「おうちが全焼したのにツイートするだなんて!バカツイッタラーの鏡(原文ママ)のような人ですね!」などユーザーを罵倒するようなツイートを投稿する人も現れた。

   まとめサイトでも、「自宅の火事までツイートのネタにするようなバカ」として取り上げられ、炎上状態になってしまった。

「このツイートみて誰かが家族を救えれば」との思いが

   一般的に「バカッター」と呼ばれるようなツイートは、注目を集めたい一心で、またその場の「ノリ」が高じて投稿されるケースが多いとみられる。

   一方で今回の「おうち全焼」炎上騒動は、「バカッター」とは一括りにできなさそうだ。

   ユーザーは現場の写真をツイートした後、「これだけは言わせてくれ。おまえら。とりあえず家族だけは外に出せ 俺だってパソコン失って愛猫失って財布も服も失っても妹と弟だけは守れたんだ」「このツイートみて誰かが家族を救えればいい」とも投稿している。衝撃的な写真を見せることで、火事の怖さや実際起こった時にどうすればいいかを伝え、注意を促したかったようだ。

   さらに非難されていることを受け、「通報して消火活動おわっていましたし俺ができることを考えた結果このようなツイートになひました(原文ママ)」と釈明している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中