特典付き映画前売り券50万枚、すぐに完売 徹夜組も出る「妖怪ウォッチ」異常人気に親も子供も泣く

印刷

   アニメ映画「妖怪ウォッチ」の前売り券を発売したところ、特典つきの50万枚が瞬く間に売れてしまった。映画の公式フェイスブックには、買えなかった人たちから「子供が泣いています」「特典は100万用意すべきだった」といった苦情が寄せられ「炎上」状態になっている。

   とにかく「妖怪ウォッチ」はゲーム、マンガ、アニメ、おもちゃとマルチな展開を図り、どれも超人気で社会現象化している。映画では2014年一番人気のディズニー「アナと雪の女王」を抜くのではないか、といったこともまことしやかにささやかれている。

「大人まで一緒に熱くなっちゃうから歯止めが利かなくなって」

   特典つきの前売り券が発売されたのは2014年7月19日。全国の映画館前には徹夜組を含めた長い行列ができた。静岡県にある映画館では「特典付きは行列した人たちだけで直ぐに完売しました」と打ち明ける。配給会社・東宝の関係者は朝、都内の映画館の行列を見て激しく驚いた、という。どうやら50万枚という数は少なくはない、と思っていたようだ。行列に並んでも買えなかった人たちは映画の公式フェイスブックのコメント欄に恨み節を綴っていて、ちょっとした「炎上」状態が続いている。

「がっかりしている小さな子、小学生、親子連れ…横浜にはたくさんたくさんいましたよ。関係者の方たちはなんとも思わないんですか?」
「大人まで一緒に熱くなっちゃうから歯止めが利かなくなって手に入れられなかった子供が泣くって事態になるんでしょ」
「徹夜しなきゃ買えないだなんて、、、。子供の為の映画じゃないの?!子供つれて、夜中や、早朝から並べない」

といった苦情がでているが、こうした子供や親はいったい特典の何が欲しかったのか。それは「妖怪メダル」と呼ばれているものだ。

   「妖怪ウォッチ」の社会現象は2013年7月に発売された「ニンテンドー3DS」専用ゲームソフトから始まった。このソフトはこれまでにメディアクリエイト調べで120万本売れている。14年7月10日に発売された第二弾の「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」は累計で約165万本となった。「妖怪ウォッチ」はマンガ、テレビアニメ、おもちゃ、関連グッズ、アーケードゲームなどメディアミックスが進んでいる。

   ストーリーは主人公の少年、天野景太がウィスパーという妖怪に出会い腕時計型のリストバンド「妖怪ウォッチ」を手に入れる。これは妖怪を発見するための特殊な光線を出す。妖怪を見つけ親しくなると妖怪はメダルに変わり、困ったことが起きた時などにそのメダルを「妖怪ウォッチ」に差し込めば妖怪が現れ、助けてくれる、といった展開になる。そうした妖怪メダルをたくさん集めることがゲームやテレビストーリーの目的の中心になっている。

メダルの累計販売は14年内に1億枚を超える見通し

   そして今回の前売り券の特典の一つが「フユニャン」メダルと「Sレア ジバニャン」カード。ファンはなにがなんでもこれが欲しかったのだ。

   コレクションとして欲しいだけではなく、メダルは子供用玩具として発売されている「妖怪ウォッチ」のリストバンド用メダルでもある。メダルをはめ込めばキャラの声や音楽が流れる。この玩具は既に数十万個が販売され品切れ状態が続いている。またメダルには「ニンテンドー3DS」用ゲーム「妖怪ウォッチ」に使えるシリアルコードが付いていて、そのコードを打ち込むことによって今回の「フユニャン」をゲームで使えるようになる、という特典も付いているのだ。「Sレア ジバニャン」カードは、業務用ゲーム「妖怪ウォッチ ともだちウキウキペディア」に使用でき、「ジバニャン」キャラを味方にして戦闘ができる、ということになっている。

   実は、現実社会でも子供たちやその親は、「妖怪ウォッチ」の腕時計型玩具や、ゲームで遊ぶためにメダル集めに奔走している。登場するキャラクターが描かれているこのメダル単体の売れ行きも凄まじく、売り切れ店が続出し、玩具メーカーのバンダイは今夏に月産1千万枚強に増やした。メダルの累計販売は14年内に1億枚を超える見通しなのだという。

   それだけにファンである子供や親は今回の前売り券特典メダルが欲しかった、というわけだ。現在、オークションサイトではそのメダルが高額で大量に売られている。50万があっという間に無くなったのは「転売屋が買いあさったせいだ」という批判が多く出ているが、これは異常人気のせいで転売とは関係ないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中