ウクライナ情勢がサッカーW杯に飛び火 英独から「ロシアから開催権取り上げろ」の声

印刷

   ウクライナ情勢が、スポーツの世界にも飛び火しかねない情勢になってきた。ロシアで2018年に開催が予定されているサッカーのワールドカップ(W杯)について、「このままでは開催させられない」といった声が欧州の政界から相次いでいるからだ。

   マレーシア航空の撃墜事件では、親ロシア派の武装勢力による犯行が疑われている。ロシアは武装勢力に対して事件後も支援を続けていると疑われており、欧州各国はロシアに対して方針転換を強く迫っている。方針転換を求める手段のひとつとして、「開催権はく奪」という異例の構想が浮上したわけだ。

「非常に有効な政治的、象徴的な制裁措置になりうる」

   EUは7月25日にロシア人の入域制限や資産の凍結など、経済制裁の適用範囲を拡大したなかり。英国のクレッグ副首相はこれに加えて、2014年7月27日付のサンデー・タイムズ紙のインタビューでW杯開催権のはく奪に言及した。クレッグ氏によると、はく奪の可能性が出てくることは「非常に有効な政治的、象徴的な制裁措置になりうる」という。このままロシアによる開催を許した場合、世界の指導者は「あまりにも弱く、不誠実だと思われる」とも述べ、他国も同調するように求めた。仮にロシアでの開催がなくなった場合は、代わりにロンドンで開催することにも含みを持たせた。

   英BBCによると、英首相官邸の報道官も、

「ロシアのふるまいからすれば、市民が問題を提起しだしたとしても驚きには値しない。ロシアが国際的な立場をこれ以上傷つけないために、方針転換することの重要性を示している」

と大筋では同様の趣旨の発言をしている。野党の労働党も「もしロシアが撃墜事件に直接関与したという証拠が見つかったとすれば、国際サッカー連盟(FIFA)は、ロシアが2018年大会を主催するのが適切かどうか再考すべき」と同調した。

撃墜事件では英国人10人、ドイツ人4人が犠牲に

   撃墜事件では、多重国籍の人を含むと10人の英国籍の人が犠牲になっているだけに、ロシアへの強硬姿勢を望む人が多いようだ。

   クレッグ副首相の発言の数日前には、事件で4人が犠牲になったドイツの著名国会議員が、やはり18年のロシア大会の開催権をはく奪するように求めている。

   この発言に対して、国際サッカー連盟(FIFA)では

「W杯は国民や政府間で建設的な対話をするための力強い触媒だ。FIFAは18年のロシア大会についても、それが当てはまると信じる」

という内容の声明を発表。現時点ではロシア開催を支持している。

   クレッグ氏はW杯以外にも、14年10月にソチで予定されているF1ロシアグランプリの開催にも反対している。F1の主催者側は予定通り実施する意向だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中