平愛梨がセロのマジックネタばらし?? 「これ違う番組で見た!」にお茶の間騒然

印刷

   セロさん(40)といえば、日本で大人気のマジシャンだ。出演するテレビ番組の多くが高視聴率を記録し、公演も毎回大盛況を博している。

   先日、久々にセロさんの特別番組が放送されたが、この中でひと波乱あった。ゲストの平愛梨さん(29)がセロさんのマジックの「タネ」と思われる内容をバラしてしまい、スタジオが微妙な空気になってしまったのだ。

「手が偽物で、棒がつながって体になってる…」

   2014年7月29日、フジテレビ系で「マジック新世紀セロ 生放送SP」が放送された。

   2時間にわたる生放送の中で、セロさんが都内を移動しながら、その場に集まった一般人を巻き込んでリアルタイムで様々なマジックを披露する、という内容だった。

   番組終盤、セロさんは東京タワーでパフォーマンスしたのだが、ここで事件が起きた。

   映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する、空中に浮きながら走るスケートボード「ホバーボード」を、車輪が付いていないだけの普通のスケートボードで再現してみせるというもので、セロさんはワゴン車に左手をくっつけ、宙に浮いたスケートボードで空中を滑走しながら東京タワーにやってきた。

   集まった観衆やスタジオゲストからは歓声が上がったが、平さんだけは違った。「私これ違う番組で見たことあったんですけど、確か手が、車にくっ付けてあった偽物の手で、棒がつながって体になってるっていう…」と、自分が知っているトリックを明かしてしまったのだ。

   この発言を聞いたセロさんは心外という表情で、「これは僕のマジックとホバーボードの技ですよ!」と主張。着ていたジャケットを脱ぎ、同行していた田中大貴アナウンサーに腕を触らせて生身の人間の手だと確認させていた。

   スタジオの生野陽子アナウンサーから「車の中拝見してもいいですか?」とも言われたが、これについては田中アナが車体を軽く触って「何もない」と確認しただけだった。セロさんは「This is real!」と叫び、生野さんは「何かちょっと疑っちゃってすみませんでしたセロさーん」と呼びかけていた。平さんをはじめ、ゲストの船越英一郎さんや平成ノブシコブシの吉村崇さんも「すみません」と謝っていた。

過去にウド鈴木が似たようなパフォーマンスをしていた

   番組では何とか丸くおさめていたが、平さんの発言に視聴者は騒然となった。

   ネットで実況していた人々からは、「平愛梨がセロのタブーに触れたwwww」「え、平愛梨当てちゃったのかな笑 セロの顔こわかった」「私もとある番組見てその考え思いついたけど言ったらだめや…」といった書き込みが相次いだ。

   平さんが言っていたトリックは、14年5月4日に放送された「見破れ!!トリックハンター」(日本テレビ系)という番組で紹介されたものだ。

   キャイ~ンのウド鈴木さん(44)がトラックの荷台に左手でくっつき、空中に浮いてみせる、言うなれば今回のセロさんの「ホバーボードなしバージョン」のパフォーマンスをした。

   このトリックは、特殊メークで本物そっくりの左手を作り、トラックにくっ付ける。偽の左手からは金属の棒が伸びていて、さらにその棒の先にはイスのように座れるL字型の金属が付いている。ウドさんは自分の手を上着の袖の中に隠して棒をつかみ、イスに座って楽々と宙に浮いているように見せていたのだ。

   平さんはこの番組でもスタジオゲストとして出演していて、ウドさんのパフォーマンスとトリックを見て「すごーい、これはすごい」と感嘆していた。今回のセロさんの「ホバーボード」を見てこれを思い出したと思われるが、もちろんセロさんがこのトリックを使ったか否かは定かでない。

   ちなみに平さんは生放送終了後、以下のツイートを投稿している。

「セロさんすごかったー!タネはなくセロさんが思えば何でもやれるんじゃないか?って思うほど驚きました。私が別番組で見たことある浮いたやつはタネあかしをしてくれるはずだったそうですが時間がなく残念ながら知ることできず!放送終わりお会いでき嬉しかったです☆また必ず生でみたい!」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中