大阪府警が8万件の不正報告 府の街頭犯罪全国1位は変わらず

印刷

   大阪府警の全65署が過去5年間の犯罪件数を過少報告していたと府警が2014年7月30日に発表した。街頭犯罪ワースト1返上のための不正に操作していたものでその数は約8万1000件にのぼる。10年にワースト1を返上したと発表していた。

   これは13年に堺署などの警察署で過少報告が発覚したため全65署で不正報告がなかったかを調査したところ、街頭犯罪を含む全刑法犯の未計上は08年から12年の5年間で計8万1307件あった。10年に全国ワースト1を返上したと発表したがワースト1のままだった。大阪府警は当時の刑事総務課長や署長など280人に対し処分や指導を行う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中