出版プロデューサー高須氏に「嘘つき」 元オセロ中島知子、マスコミ&業界人に反撃宣言

印刷

   「洗脳騒動」などで一度表舞台から遠ざかったが芸能界に復帰し、テレビ番組やイベント出演など活動の場を広げつつある元オセロの中島知子さん(42)が、ブログ更新に本腰を入れるという。

   「悪質な一部の記者にいつまでも書かれ放題にされるのは、もう嫌」というのが理由で、マスコミを始め、出版プロデューサーの高須基仁氏にもきつい一言を浴びせている。

「一緒に仕事したこともなけりゃ、お会いしたことすらない」

中島知子さん(13年8月撮影)
中島知子さん(13年8月撮影)

   14年7月31日発売の週刊新潮に、「『自称霊能者』のライブで裏方を務めた『中島知子』」という見出しで、中島さんが同居していた女性がステージに立ったライブでスタッフとして動き、甲斐甲斐しく寄り添っていたという記事が掲載された。

   中島さんはこの日更新したブログで、

「復帰してから、風評被害によるいろいろな余波ありました。わても友人も、多くの悔しいこと、悲しいこと。バカバカしいと思うこと。これからはここに詳しく書いていこうと思う」
「一部のきわめて悪質な記者がしつこく、雑誌が売れるからということで書くことにほんまに、もうこれ以上耐える意味がわからなくなってきたので。私や友人のキャラをどんどんこれ以上作られるのは、もうほんまに嫌なんで」

など、新潮の記事を意識したとみられる文章をつづった。

   さらに同じ日の昼には、高須氏に牙をむいた。

「ネットでたまたま目にした記事どす。高須基仁さんという方が、何かのイベントをやっていて、『俺、中島と仕事したことあって、今日も来てくれる予定だったのに、まだ来ないよ~』とぼやいてはりまして、中島早く連絡くれよ!と………一緒に仕事したこともなけりゃ、お会いしたことすらなく、もちろん電話で話したこともありませんし だいたいあんたの番号知りませんやん!そして一生仕事することはないどすえー なぜやろか!?嘘つきが、普通に活躍しとる芸能界どすえ~~~ ドタキャンのイメージをわてにつけたかったのか?ただたんに売名行為なんかわかりまへんけど、ええ加減にしておくれやす」

高須氏「奇妙奇天烈な女芸人」とおちょくる

   中島さんがブログに書いているようなネット記事は見当たらなかったが、高須氏が最近出演したのは14年7月18日、新格闘技「モッツターミネーター2014」(8月3日開催)の旗揚げ発表会見だ。

   東京スポーツによると、高須氏は以前この格闘技イベントに清原和博さんや猪瀬直樹前東京都知事らが来場すると予告していて、会見では「清原は間違いなく来る。猪瀬は来られない。『私はウツで行けない』というショートメールが来た。ホリエモンも来るのでは」などと話したという。この中で中島さんにも言及していたのかもしれない。

   なお、高須氏は8月1日に更新したブログで、中島さんに対して細かい反論はしていないが、「異様に私のブログアクセスが増加中!(中略)私にクレームを入れる奇妙奇天烈なお笑い女芸人か?どうもありがとうございます!」とおちょくっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中