HKT指原を「2位さま」と呼んだ若手 ミニライブで「きわどいネタ」を次々

印刷

   HKT48の指原莉乃さん(21)が2014年のAKB48グループの「選抜総選挙」で2連覇を逃したことは、指原さんにとっては相当悔しい出来事だったろう。周りのメンバーが気を遣ってか、これまではコンサートの場でもあまり話題にならなかった。

   ところが14年8月2日に東京・台場地区で行ったミニライブでは、若手メンバーから「今年は『2位さま』なので…」といじられる一幕があった。指原さんと若手メンバーとの距離の近さがなせる業(わざ)でもあるが、過去の恋愛スキャンダルを蒸し返される一幕もあり、きわどいネタに観客は大盛り上がりだった。

「あの、総選挙2位のさっしーの意気込みはどうですか?」

大勢の観客の前でパフォーマンスするHKT48の指原莉乃さん。きわどいトークに観客は盛り上がった
大勢の観客の前でパフォーマンスするHKT48の指原莉乃さん。きわどいトークに観客は盛り上がった
 

   この日は東京・お台場で「東京アイドルフェスティバル」が開幕し、3日までの2日間に全国から138組のアイドルが出演する。その中の目玉として出演したのはHKTで、代表曲「メロンジュース」など10曲を披露した。HKTは福岡を拠点にしているだけに、このステージは首都圏のファンにアピールする機会でもある。

 

   冒頭の自己紹介の場面で指原さんに挑んで存在感をアピールしたのが「なつみかん」こと田中菜津美さん(13)。気の強そうな振る舞いから「ボス」と呼ばれることもある。

 

   田中さんは、いきなり

「あの、総選挙2位のさっしーの意気込みはどうですか?」

と発言。指原さんは

「2位いじんなよおまえ!2位いじるな、いきなり!」

と応戦するが、田中さんも

「今年はね、『2位さま』なので…」

と引かなかった。指原さんがさらに

「2位をばかにするな!てか、待ってくださいよ!私が2位なのは置いといて、2位いじっていいポジションじゃないからね!知らない人もいると思うので説明したいんですけど、この子はHKTで選抜に入ったこと1回もないんですよ!」

とさらに反撃すると、田中さんは一度は「退散」した。

「圏外さま」と「逆襲」も

果敢に指原さんに挑んだ田中菜津美さん(写真右)
果敢に指原さんに挑んだ田中菜津美さん(写真右)

   ただ、田中さんは後半のトーク場面で反撃を狙っていた。「やっちまったこと」をテーマに、矢吹奈子さん(13)が

「プロフィールの身長を測るときに、138センチって書いてあるんですけど、実は137.7でしたー!」

と告白したのに対して、指原さんが

「なこ、嘘ついたってこと?やばい、警察よぼ!」

と、からかった。矢吹さんが

「だって逮捕されたらママに会えなくなっちゃう」

と答えると、観客からは「かわいい!」の声。指原さんも

「今『かわいい』って言った人、全員逮捕でーす!おまわりさーん、ここ予備軍いますから気をつけてくださいね~!」

と絶好調だったが、そこに田中さんが割って入った。

「そんなこと言ったら、さっしーだって『彼氏いたことない』とか言ってたのに!」

   さすがに、指原さんも

「あたしね、それでね、1回福岡の刑務所に飛ばされ…、ばかやろう!やめなさい!」

とあわてた様子だった。

   田中さんは、14年7月に福岡市で行われたコンサートでも「2位さま」の話題を指原さんにぶつけていた。だが、田中さんは選抜総選挙で順位が発表される「圏内」に入ったことがないことを指原さんに「圏外さま」といじられ、「これからは『不器用なつみかん』でいく」とすっかり意気消沈していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中