加害少女、精神科医から入院を勧められていた? 父親はなぜそうしなかったのかと疑問の声も

印刷

   長崎県佐世保市の高1殺人事件で、加害少女(16)の父親が精神科医から少女の入院を勧められていたという。そうならば、すぐにそうしなかったことに疑問の声も出ている。しかし、父親は「夫婦で最大限のことをしてきた」と弁明しており、事実関係はまだはっきりしていない。

   新聞報道などによると、加害少女の父親が、精神科の2病院に少女を通院させたのは、2014年3月2日に寝込みを金属バットで襲われ、大けがをしてからだった。

マンション一人暮らし、精神科医も了承?

   「このまま同じ家で寝ていると、命の危険がある」。ある精神科医からこう言われ、父親は4月から少女をマンションで一人暮らしさせた。そのことについては、精神科医も了承していたとの報道もある。

   その後、精神科医が6月10日になって、長崎県の児童相談所「佐世保こども・女性・障害者支援センター」に電話で連絡した。「放っておけば、人を殺しかねない」と少女の危機的状況を伝えると、児童相談所では、精神科医に児童福祉法に基づく助言をした。

   精神科医は、これを受けて、7月に3回、少女の両親と面談し、「このままでは事件を起こしてしまう」と対処を求めた。具体的には、少女を精神病院へ入院させることを勧め、警察や家庭裁判所にも相談するよう促した、とされている。

   そして、7月26日に事件が起きる数日前には、少女は、父親が再婚してできた新しい母親にこう漏らしたという。「人を殺してみたい…」。母親からこの話を聞いた父親は、事件前日の夕方に児童相談所に電話した。しかし、すでに宿直体制になっており、結局、事件発生までには間に合わなかった。

弁護士は「一人暮らしは間違いだった」とも

   ただ、こうした状況がどこまで正確かはまだはっきりしていない。父親の対応について報じられると、ネット上では、「別の誰かが被害に遭うとは考えなかったの?」「だから、入院させろと言ったんでしょうにね」「保護者として無責任だな」といった批判が上がった。加害少女をマンションに一人暮らしさせるときにも、少女を入院させたり、警察に相談したりするよう精神科医から言われなかったのかという指摘も出た。

   父親は、2014年8月2日になって、知人の弁護士を通じて、事件について書面で釈明した。「どんな理由、原因でも娘の行為は決して許されるものではない」と謝罪しながらも、「複数の病院の助言に従いながら夫婦で最大限のことをしてきた」と対応の不備を否定した。

   弁護士も、マスコミの取材に応じ、「父親は少女が第三者に危害を加えるようなことをするという認識はなかったのだろう」と説明したと報じられた。個人的な考えとして「一人暮らしをさせたのは間違いだったと客観的に思う」と述べたという。しかし、弁護士は「父親が放置していたということは絶対ない」と相次ぐ批判に反論している。

   J-CASTニュースでは、父親が経営する士業の事務所にも取材したが、「業務以外のことはお答えしていません」とスタッフが答えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中