「日中偶発軍事衝突」は起こるのか(7)
中国の挑発行為にベトナムは怒り心頭 「ほかの国と違い、常に警戒心持っています」

印刷

   中国は領土問題を巡り、日本だけでなくフィリピンやベトナムにも攻勢を強めている。2014年5月、中国の大型船がベトナムの漁船に体当たりして沈没させた。ベトナムでは激しい「反中デモ」が起き、両国関係は緊張が続いている。

   ベトナムにとって中国は、過去1000年もの間に何度も戦火を交えてきた、決して油断できない相手だ。漁船沈没以来、人々は中国に対して「ここまでやるのか」という怒りと恐れが増している。

西沙諸島の試掘開始で「潮目」が変わった

パラセル(西沙)諸島を巡って争いが続いている
パラセル(西沙)諸島を巡って争いが続いている

   ベトナムは、外国から繰り返し侵攻を受けた苦難の歴史を持つ。中国やフランス、日本、米国に占領され、戦争で多大な被害を出した。国立大で学ぶ男性のベトナム人留学生に取材すると、「何度も苦しい目に合ってきたベトナム人は、もうつらい経験はしたくないと強く思っています。フランス、日本、米国に対しては過去の歴史についての恨みはありません。むしろ自国の発展のために、新たな友好関係を築いていきたいというのが私たちの国民性です」と答えた。ただし、こうも口にした。

   「でも中国だけは違います。常に警戒心を持っています」。

   一般的にも、ベトナム国民は中国に対して好印象を抱いていないという。とは言え、学校で極端な「反中教育」を受けるわけではなく、領土問題を特に詳しく学ぶこともない。人々は中国への感情を心の中に閉じ込めてきたようだ。ところが2014年5月、中国が南シナ海のパラセル(西沙)諸島付近の海域に石油掘削装置を設置し試掘を始めてから「潮目」が変わった。ベトナムが自国領だと主張する場所に、中国が侵入してきたと受け取った。そのうえベトナム漁船を中国船が体当たりして沈めたことで、ベトナム人の怒りは頂点に達した。国内で激しい「反中デモ」が吹き荒れ、中国人労働者に死傷者が出た。

   男性留学生は、暴力的なデモに関しては「残念」と話す。平和な方法で中国に抗議する手段を考えるべきというのだ。だが中国の強硬姿勢に対する反発心は消えない。「『中国はベトナムよりも大国だから、国際ルールを無視して自分たちの好き放題にやってよい』という考えは捨ててほしい」と語気を強める。

   東京都内でも、在日ベトナム人による中国への抗議デモが5月11日に行われた。衝突は起きず、平和なデモ行進だった。男性留学生は都合で参加できなかったが、知人は行動に加わったという。「もちろん中国政府への抗議の意味はあります。同時に日本の人たちにも、ベトナムが抱える問題を知ってもらい情報を共有したかった」と語った。

「同じ問題を抱える日本やフィリピンと連携」

「中国は自己中心的な姿勢を改めてほしい」と話すベトナム人留学生
「中国は自己中心的な姿勢を改めてほしい」と話すベトナム人留学生

   男性留学生は2014年6月中旬から約1か月間、ベトナムに帰省していた。街中に「反中スローガン」が掲げられている様子は目にしなかったが、以前と比べて変化を感じ取ったという。

「テレビのニュース番組は連日、朝昼晩と中国の動向を報じていました。学者など知識人が解説し、意見を述べていました。中国に対する批判がメディアを通じて流れるというのは、過去にあまり例がなかったと思います」

   政府関係者からは最近、中国との関係について「目が覚めた」という発言が聞かれるそうだ。両国とも共産党体制という共通項があり、ベトナム政府は中国政府に対して「固い絆」とまではいかないがある程度のシンパシーは感じていたのだろう。それだけに5月以降の中国の攻勢は、「まさかここまではやらないはず」という一線を踏み越えたととらえたようだ。

   現実的には、中国がベトナムにとって陸続きの隣国であり続ける。人口13億人の市場はビジネス上無視できない。今や世界第2位の経済大国となった中国に対して、ベトナムが正面から反抗するのはあまりに無謀だろう。それでも、「戦争はもうこりごり」と誰より平和を求めるベトナム人ですら、中国政府の横暴には腹に据えかねている。

   中国側が態度を変えない限り、領土問題解決の糸口を見つけるのは難しいだろう。男性留学生は「同じ問題を抱える日本やフィリピンと連携し、国際社会に訴えて客観的な意見を寄せてもらい、事態を好転させる方向に持っていければ」と望んでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中