タトゥー入れている女性タレント結構多い ナインティナイン岡村と矢部が明かす

印刷

   お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんと矢部浩之さんが、タトゥーを入れている人が多いことに驚いている。

   「タトゥー」は若者のあいだで急速に広がっており、矢部さんは「共演者の人も、服着てるから分からんけど、結構な割合でタトゥー入れてるよね。女の人で」と、漏らした。女性タレントでもタトゥーを入れている人が少なくないようだ。

「もの凄い普通に、タトゥー入ってるわ」

タトゥーはオシャレとして受け入れられている?(写真はイメージ)
タトゥーはオシャレとして受け入れられている?(写真はイメージ)

   ふたりがタトゥーの話題で盛り上がったのは、2014年8月7日放送のラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)でのこと。オープニングトークで、岡村隆史さんが神奈川の海岸に同級生3人と遊びに行ったところ、「ひとつ凄いことに気づいてんけど…」と、切り出した。

「もの凄い普通に、タトゥー入ってるわ。ビックリした。いつからこんなんになった?ってくらい。それくらいビーチに来る人来る人、みんなタトゥー入ってて…」

   矢部さんも「うん。ピアスぐらいの感覚かなぁ」と返した。

   すると岡村さんが、

「女の人でも、腰に入ってて。入ってる人に、みんな『タトゥー入ってんねや』って言ったら、半分以上の確率で『若気の至りです』って。まだ若いやんって」

と明かした。

   矢部さんが「そう言うねや。もう後悔してるってことや?」と聞くと、

「うん…『若気の至りです』って、男の人も女の人も、入ってる人の半分以上がそう言うねん」

ということだった。

   岡村さんによると、タトゥーが入っている人は「普通」の人らしく、一見すると怖く見える人も、「その人が別に悪い人でもないねん。全然いい人」と話している。

   矢部さんが指摘するように、いまや女性がピアスをするように、誰もがオシャレ感覚でタトゥーを入れているようで、急速に若者に定着している。

   すると、矢部さんが、女性タレントなどでもタトゥーを入れている人が多いのではないか、と明かした。

   岡村さんも、「そう。絆創膏とか貼ってたりしてんねんけど… そこから薄っすら見えてんねん」という。

「まったくそんなキャラクターでもない子が。普通なんやろな。オシャレの一環なのかな~」
「オシャレか、彼氏の影響なのか…」

   海外でよく見かけるタトゥー・ショップで、旅行の記念に入れる人もいるのではないかとみているが、ふたりは「もう普通なんやな」「時代なんかな?」「痛くないんかな」と言いながら、どことなく怪訝そうだった。

安室奈美恵、浜崎あゆみ、レディー・ガガ… も入れている

   ナインティナインのふたりが言うように、オシャレ感覚、ファッションのひとつとしてタトゥーを入れる若者は少なくないようだ。

   かつてはサッカー、イングランドのデビット・ベッカム選手、最近ではブラジル代表のネイマール選手がワールドカップで、タトゥーの入った姿がテレビに映し出されたし、人気歌手の安室奈美恵さんや浜崎あゆみさん、米国ではパリス・ヒルトンさんやレディー・ガガさん、アンジェリーナ・ジョリーさんといった、そのファッションにも注目が集まる有名人がタトゥーを入れている。

   そういった影響力のある人を見て憧れるのかもしれないし、腕や肩、足首、首すじなどからチラリと見える、さまざまなデザインや文字がカッコよく見えるのだろう。

   本来、タトゥーは一度入れたらなかなか消せないが、最近は「消せるタトゥー」があるという。「ボディージュエリー」と呼ばれるもので、ネイルサロンや美容室などで入れられる。ゴシゴシこすらなければ落ちないし、2週間程度であれば十分きれいに入っている。消したければクレンジングオイルなどで落とせるというから、夏祭りや海水浴などのシーンに使えそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中