コメの輸出5割増、1~6月 和食ブームに円安が追い風

印刷

   2014年のコメの輸出量が前年を5割上回る、過去最高のペースで伸びている。農林水産省が8月8日に発表した1~6月のコメの輸出数量(援助除く)は1880トンで、前年同期に比べて49%増えた。海外の和食ブームに加えて、円安や国内価格の下落でコメの内外価格差が縮小したのが追い風となっている。

   1~6月の輸出単価は1キロ320円と、前年比4%低下した。近年は海外の寿司向けなどで競合するとみられるカリフォルニア州産の中粒種の4~5倍台の水準で推移したが、足元は3.3倍に縮小している。干ばつによるカリフォルニア米の値上がりも背景にあるとみられる。

   コメの輸出が増えているのは、国内消費の減少や価格の下落で生産者が輸出に活路を求めようとしているのも背景にある。これから収穫が本格化する14年産米の輸出はさらに増えるとみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中