円よりこ「赤ちゃんに選挙権を」にネットで物議

印刷

   円よりこ元参議院議員(67)のツイートがネットで物議を醸している。円元議員は現在の政治を変えるために赤ちゃんにも選挙権を与えるべきだとし「赤ちゃんに一票運動、みなさん始めませんか?」と呼びかけた。

   円元議員は2014年8月10日にツイッターで「ボクにも一票欲しい!バカな大人の政治変えるために」と赤ちゃんになりきったツイートを行った。保育所は入れないし家は狭いし、イクメンは出世できない。大人になる頃には戦争に巻き込まれて人を殺すかもしれないし原発事故がまた起こっているかもしれない、とした。

   そして自身が10年前から唱えていることがあり、それは赤ちゃんにも選挙権を与えるということだと主張。赤ちゃんに選挙権があればGDPの1%しかない子ども関係の予算が増えるし、親が自分の事とは別に子どもの将来を考えて投票すれば、少子化問題も、集団的自衛権の問題も、原発もきっと変わると思う、と書いた。

   ただしこの提案に対する反応は反対する意見が多く出ていて、

「赤ちゃんの票まで欲しがっても、現状では民主党に票は入らないと思いますよ」

などといったことが円元議員のツイッターのコメント欄に書き込まれている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中