中国・南京で開催の「ユースオリンピック」 JOCが「街中で日本の公式ウエア着るなと注意」は誤報だった!

印刷

   中国・南京で2014年8月16日から28日まで、14~18歳までのアスリートが出場する「ユースオリンピック」が開催される。

   日本選手団も参加するのだが、「日中関係を鑑み、日本の公式ウエアで南京の街中を歩かないようにと注意喚起された」との報道が出た。中国では「俺たちの民度をナメるな!」と怒りの声も上がってしまったが、どうやら誤報だったようだ。

「日本人は人をバカにしてる」「中国がそんな小さい度量なわけない!」

   最初にこの問題を報じたのは共同通信だ。14年8月1日、「『JAPAN』着用に注意喚起 南京ユース五輪でJOC」という見出しの記事を配信した。

   日本オリンピック委員会(JOC)の監督会議で、藤原庸介団長が「外出時にJAPAN(の文字入り)のユニホームを着て歩くことが必ずしも安全とは思わない。街中は私服でも構わない」と注意喚起した、と書かれている。

   日本選手団が現地入りした8月13日には、AFP通信が、旧日本軍が多数の中国人を殺害したとされる「南京事件」の影響で南京は特に反日感情が強いとして、「日本の選手たちは、身の安全を守るため、街中で公式ウエアを着ないよう警告されているという」と報じた。ロイターも同様の記事を出している。

   これが中国メディアにも取り上げられると、中国のネットユーザーからは怒りの声が上がった。ミニブログ「新浪微博」を見てみると、「日本人は本当に人をバカにしてる」「中国という大国がそんな小さい度量なわけないだろ!」「スポーツに国境はないでしょ。日本のオリンピック委員会はまだそんなこと言ってるの?」などと投稿されていて、「南京では日本人とわかっただけで危険な目にあう」とでも言うような報道が許せない人が多かったようだ。

「プライベートで公式ウエアを着る必要はない」と説明しただけだった

   14年8月15日、この報道について事実確認のためJOCに連絡したところ、何と「誤報」だったことがわかった。

   担当者が藤原団長に確認したところ、日本と南京の歴史的背景を選手たちに説明したことは確かで、「南京の街並みを自分の目で見て、肌で感じてほしい」と、外出を奨励したという。

   その上で、日本選手団の公式服装着用規定では、大会期間中、選手村と競技会場では必ず公式ウエアを着なければならないと定められているが、プライベートで外出する際には公式ウエアを着用する必要はない、と藤原団長から説明があったそうだ。決して「着用しないように」などと注意したということはなく、「言葉の一部を抜き出して報じられ、話が広まってしまった」と困惑している様子だった。共同通信にはすでに抗議の連絡をしているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中