「白元」再建のスポンサーは「アース」 防虫と殺虫のシナジー効果、生み出せるか

印刷

   民事再生法の適用を申請し、2014年5月に経営破綻した日用品メーカー、白元(東京都台東区)は7月末、ライバルでもある同業の殺虫剤大手、アース製薬(同千代田区)を再建のスポンサーに選んだ。

   防虫剤「ミセスロイド」など数々のヒット商品を生みながら経営に行き詰まった老舗企業は今後、アース製薬傘下で再建を目指す。ただ、アース製薬との相乗効果については「未知数」(業界関係者)との見方が多く、先行きは楽観できない。

受け皿会社は「白元アース」

「白元・アース連合」は防虫剤市場の勢力図を塗り替えるか(画像はアース製薬のホームページより)
「白元・アース連合」は防虫剤市場の勢力図を塗り替えるか(画像はアース製薬のホームページより)

   白元はアース製薬が設立する受け皿会社「白元アース」に、防虫剤や保冷剤などの全事業を計75億円で譲渡。これを原資に債権者への借金を返済する。白元のグループを含めた従業員約400人の雇用は維持し、北海道や埼玉県など全国4か所にある工場も閉鎖せず操業を続ける。

   関係者によると、スポンサーには同業の防虫剤大手、エステーや投資ファンドなど複数が名乗りを上げていた。しかし、400人の雇用とブランドの維持を最重視して選定作業を進めた結果、最終的にアース製薬が選ばれたという。

   そもそも保冷枕「アイスノン」など多数のヒット商品を抱える白元が経営破綻に陥ったのは、「無理な拡大路線がきっかけ」だったとされる。拡大路線を突き進んだ結果、有利子負債が膨らみ、資金繰りが悪化する状況が積み重なった。今年1月にはロングセラーブランド「ホッカイロ」の使用を含め、使い捨てカイロの国内販売事業を医薬品メーカー、興和に売却したが、資金繰りの悪化からは抜け出せなかった。量販店向けの安売り競争が拍車をかけたとされる。

高付加価値で利益率の高いヒット商品を生み出せるか

   そんな白元は今後、アース製薬の子会社として、借金苦から逃れた身軽な体で再起をかける。しかしアース製薬との連携でシナジーを上げられるかは不透明だ。もともとアース製薬が白元の支援に名乗りを上げたのは「アースは殺虫、白元は防虫と得意分野が意外に異なっている」(同社)ことがある。アース・白元連合で態勢が大きくなれば、量販店に対する価格交渉力も高まる。さらに、技術的な連携で、新商品開発が進む可能性がある。

   しかし、日用品業界は全般的にアース・白元連合の誕生を冷ややかに見つめている。「アース・白元連合ができても、業界の勢力図は大きく変わらない」(業界関係者)ためだ。例えば、防虫剤市場ではエステーがシェアの半分を握っており、アース・白元連合でもシェアは3割強でエステーには太刀打ちできない。

   そもそも国内市場の縮小で日用品の売り上げの大幅増も見込めない状況だ。各社の関心は、高付加価値で利益率の高いヒット商品をいかに生み出し続けられるかであり、白元にとっても引き続き試練の時が待っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中