シリア拘束は民間軍事会社CEOの湯川遥菜さん? ブログで今回の渡航を「今までの中で一番危険かもしれない」

印刷

   内戦が続くシリアでイスラム過激派組織「イスラム国」に拘束された可能性のある日本人男性は湯川遥菜さんとみられている。

   湯川さんは東京都江東区にある民間軍事会社「PMC(Private Military Company)」の最高責任者だ。7月21日のブログでは「多分、今までの中で一番危険かもしれない」と渡航に関する覚悟を綴っていた。

職業聞かれ「写真の仕事」「兵士じゃない。医者だ」

日本人男性がCEOを務めていると思われる「PMC」(画像は同社公式ホームページ)
日本人男性がCEOを務めていると思われる「PMC」(画像は同社公式ホームページ)

   シリア北部のアレッポで日本人男性が拘束されたとの情報がヨルダンにあるシリア日本大使館に入ったのは、2014年8月16日のこと。同日にはこの男性と思われる人物が武装勢力に尋問されている映像がYouTube上に公開された。

   「日本人への尋問」と題された2分弱の動画で、映像の中の男性は額から血を流し、地面に倒れた状態で尋問を受けている。男性は「どこから来たのか」と聞かれると「日本から来た」と答え、「ハルナ・ユカワ」と名乗っていた。

   この場所にいる理由について尋ねられると「仕事だ」と応じ、職業は「写真の仕事」だと答えた。「写真家はこんな恰好をしないだろう。なぜお前は銃を持っているんだ」「CIAだろう」などと問い詰められると、「違う違う、兵士じゃない。医者だ」「ジャーナリストと医者の半分半分」などと返答した。

   18日になり、この男性は民間軍事会社「PMC」の最高責任者、湯川遥菜さんとみられることが大手メディアによって次々報じられた。

   同社は「国際民間軍事業、国外警護、海上護衛(武装ガード)、後方支援業務、紛争地域等での護衛」を事業内容とする会社で、湯川さんのブログやFacebookページによれば、湯川さん自身もイラクやシリアへ渡航していた。

   シリアの反体制武装組織「イスラム戦線」の地区幹部は共同通信の取材に、湯川さんが同行していたと証言している。現地レポートを書くことが目的だったようで、イスラム戦線とイスラム国の戦闘を取材に行ったが、戦闘に巻き込まれて拘束されたということらしい。

渡航前に「僕の戦闘シーンも多く撮影したいと思う」

   湯川さんは渡航前と思われる7月21日にブログを更新していた。

「今回は1ヶ月弱滞在するのでブログの更新はその帰国後になる。多分、今までの中で一番危険かもしれない」

と書いており、命がけの渡航になることを一層覚悟していたようだ。同時に「今回の渡航では僕の戦闘シーンも多く撮影したいと思う」と意欲も見せていた。

   読者から寄せられたコメントにも積極的に返信していたようで、仕事を始めた理由について聞かれると、

「歴史に名を残したいと思って。と言うか悪を根絶したいのです。無償で命かける事もあります。死ぬ前に目標を達成するので大丈夫です」

などと語っていることもあったようだ。

   現在、湯川さんとみられる拘束男性の状況は分かっていない。インターネット上では「神の判断で処刑された」との書き込みも出ているため、安否が懸念されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中