ダッチワイフ「ダメよ~、ダメダメ」でヒット 「日本エレキテル連合」とは何者か

印刷

   「ダメよ~、ダメダメ」――白塗りメイクのダッチワイフ役の女性が、機械的な声を発するとドッと受ける。不思議な世界観のコントを披露する女性お笑いコンビ「日本エレキテル連合」が人気だ。

   このフレーズが一部で流行になり、日常的に使う人もあらわれているという。

志村けんに影響受けた

   メンバーの中野聡子さん(30)と橋本小雪さん(29)は2007年にコンビを結成し、現在は事務所「タイタン」に所属している。詳細に設定を作り込んだコントが売りで、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)や「新春レッドカーペット」(フジテレビ系)に出演するなど、2014年に入ってからメディアで引っ張りだこになっている。

   もっともヒットしたコントは「おしゃべりワイフシリーズ 未亡人朱美ちゃん3号」だ。中野さん扮する高齢男性・細貝が、「朱美ちゃん」の手を握ってネットリと口説く。

「ボクはね、朱美ちゃんと出会って人生が変わったんだヨ。こんなジジイに恋をする喜びを教えてくれたんだヨ」「ね~いいじゃないの~」

   ボサボサ頭に髭面の細貝があの手この手で懇願するが、白塗りの「朱美ちゃん」からは「ダメよ~、ダメダメ」という言葉しか出てこない。そのうち彼女が故障したダッチワイフであることが明らかになるという筋書きだ。

   以前から、志村けんさんから影響をうけていると発言しており、14年2月21日にTBSラジオ「志村けんの夜の虫」にゲスト出演を果たした。その中で「扮装してなりきるってのはけっこう好きだよ。メイクするだけで自分が変わってくるじゃない。普段の自分よりオーバーにできるし」と評価されていた。

   衣装や小道具へのこだわりが強く13年10月29日公開の「日刊サイゾー」インタビューでは、

「私たち、コントのネタは30本くらいしかないんですけど、衣装だけで300着ぐらいあります。そのために家を一軒借りました。あと、ガレージも借りたりして、そういうところにもお金がかかってます」

と明かしていた。

10代女子の半数以上が「ダメよ~、ダメダメ!」使う

   コント中に何度も繰り返されて印象に残る「ダメよ~、ダメダメ!」のフレーズは、10代を中心に流行になりつつあるようだ。2014年8月にサイバーエージェントのスマホ向けブログサービス「Candy」が、10代女子を対象に実施したアンケート(回答数888件)によると、「『ダメよ~、ダメダメ』って使ってる?」という質問に対する回答は「まあまあ使う」(32.8%)と「結構使う」(18.9%)だった。合計すると51.7%になり、「使わないけど知っている」(41.4%)と「使ってないし知らない」(6.9%)を合わせた人数より多い。

   ツイッターなどでも、

「昨日の夜突然、息子が台詞モノマネをし出しました」
「仕事のメール書いてるのに、外で小学生の集団が『ダメよ~、ダメダメ!』って連呼してるから気が散ってしょうがない」
「『ダメよ~、ダメダメ』って耳について離れない」

などと言われ、早くも流行語大賞の候補になるのではと囁かれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中