「4時間デート」「噛みつき一回無料」… 女性アイドルが「大量購入特典」に「過激」サービス

印刷

   数多の女性アイドルがひしめき合う現代、中には生き残りをかけようと過剰なファンサービスで人気を獲得しようとするアイドルもいる。

   「プティパ -petit pas!-」というアイドルグループの篠崎こころさん(21)も、なかなか強烈な企画を用意し、ネット上でにわかに話題になっている。写真を買いまくると「無料で噛みついてくれる」「4時間デートできる」といったものだ。

オーディション「ミスiD2015」の企画の一環

篠崎さんのツイート
篠崎さんのツイート

   「プティパ」は篠崎さんと愛梨萌(あいり・もえ)さんの2人組で、2013年9月に結成された。フランス語で追い越す、はみ出すという意味の「デパッサー」をコンセプトに、ライブ活動やモデル、DJなど多様な活動を行っている。

   篠崎さんは明るい金髪が目立ち、自身でキャッチフレーズを「金髪クソ野郎」とするブラックユーモアも持ち合わせている。

   そんな篠崎さんが、講談社主催の「ミスiD2015」という女性アイドルオーディションにエントリーした。プロ・アマ不問で、受賞すると講談社からのフォトブックや単行本の出版、女性誌でのモデル起用、FRIDAYや漫画誌などでのグラビア起用、女優やアーティストなど、幅広い活躍が待っている夢のあるオーディションだ。12年の第1回でグランプリを獲得した玉城ティナさんは、現在モデルとして雑誌やテレビ番組に出演し活躍している。

   書類選考とカメラテスト・ムービーテストを経て選出されたセミファイナリスト60人を対象に、14年8月1日から20日まで読者投票が行われた。ツイッターや掲示板サイトのコメント数、YouTube再生回数に加え、写真販売サイト「アー写.com」での販売数も指標とされた。

   読者投票終了前日の8月19日、篠崎さんはツイッターで、写真を75枚以上購入した人に「メッセージ動画」「2ショットプリクラ」「噛みつき一回無料」「カラオケオフ会」「電話でお話(テレビ電話通話も可、1時間まで)」から好きなものを選べる特典を付ける。150枚以上購入した人は「75枚以上購入特典」から2つ選ぶか、「4時間デート」できる権利を付けると告知した。75枚以下でも、購入した写真をイベントなどで篠崎さんに見せれば手紙を書くという。

大量購入してくれた人への「あくまでも感謝の意味」

   特典を付けたのは、写真を購入させるためではなく、告知までに大量購入してくれた人への「あくまでも感謝の意味」との説明もあったが、「大量購入を促している」とみた人からはネット上で「必死すぎてきもい バカなのかな…そんなことしたら審査員受け悪くなるだけじゃん」「篠崎こころが一位になったら他の子達の頑張りはなんだったんだろーってなるよね」と、非難が書き込まれた。

   篠崎さんはこうした意見に対し、「だから、写真を大量買いしろ!っていう意味の特典じゃねーんだ勘違いしないでくれ!」とツイート。「プティパ」マネージャーのアカウントでも「写真販売数で全てが決まるわけではないですし、寧ろこういった行動が審査員の方々にマイナスな印象を与えかねない事も承知しております。しかし『協力してくれた方に気持ちのお返しをしたい』と言った篠崎の気持ちを尊重したいですし『この泥臭さが篠崎こころだ』と受け取っていただければと思います」と、理解を求めた。

   話題になったこともあってか、8月20日14時30分時点で発表された写真販売数ランキングは篠崎さんが1位となった。8月21日には読者投票の結果が発表され、篠崎さんは3位に。見事ファイナルへ駒を進めた。この後面接選考が行われ、9月下旬から10月上旬に最終結果が発表される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中