アフリカで感染症流行異変  エボラ出血熱に続き今度は出血性胃腸炎が出現

印刷

   エボラ出血熱が猛威を振るうアフリカで、今度は中央アフリカのコンゴ民主共和国で病原を特定できていない出血性胃腸炎が大流行している。

   さらに、ガーナでは現在コレラがパンデミック(大流行)の状況にある。3つの感染症が同時流行していることに関連性はあるのだろうか。

出血性胃腸炎で70人、コレラで40人以上が死亡

   世界保健機構(WHO)によると、エボラ出血熱は西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネを中心に感染が拡大し、2014年8月13日までに死者数が1100人、感染者数が2100人を超えているという。

   アフリカではこれとは別の異変が起きている。コンゴでは出血性胃腸炎に592人が感染し、少なくとも70人が死亡した。21日にロイター通信が伝えたところによると、5人の医療関係者も死亡者に含まれている。原因となるウイルスなどは特定できず、コンゴ政府とWHOは専門家を派遣して調査を進める。

   症状は嘔吐や下痢、内出血を起こすなど、エボラ出血熱とよく似ている。当初は、エボラ出血熱ではないかとして専門家を派遣したが、WHOの報道担当者は「エボラ出血熱ではない」と否定した。

   もう一つはコレラの流行。AFP通信によると、ガーナの首都アクラでは6月以降で3100人以上が感染し、そのうち40人以上が命を落とした。コレラも下痢などで脱水症状を起こし、最悪の場合は死に至る。

   過去にもコレラが発生したことはあったが、保健当局は今回の流行を「驚異的だ」として、すでにパンデミックの状況だと語っている。

   なぜ、各地で感染症が同時流行しているのか。嘔吐や下痢など症状は似ているが関連性はあるのだろうか。

日本での感染拡大、「まずない」

   関西福祉大学の勝田吉彰教授は「3つの感染症の関連性は考えにくい」と否定した。エボラ出血熱は感染者の血など体液を介して拡大するが、今回の胃腸炎やコレラは食中毒など経口での感染が中心となるためだ。

   春から夏にかけて感染が拡大した時期が重なったことについては、

「胃腸炎やコレラは湿気の多い雨期に起こりやすいものです。エボラ出血熱は感染源とされるコウモリの生態など分かっていないところもありますが、同時期に起こった関連性は低いと思います」

とした。

   心配は日本での感染拡大だが、「まずないと思います」と言う。日本では感染症法に基づいて、強制的に入院させられるなど感染症ごとに措置が取られることになっている。そのため、仮に感染者が出たとしても、アフリカで起きているような大流行は起こりにくいそうだ。

   しかし、「エボラ出血熱が片付いたからといって油断はできません」と指摘する。「アフリカは衛生上の問題から感染症が起こることが多く、平時でも注意が必要です」と警告している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中