ハウステンボスを再生させたHIS沢田秀雄会長 愛知「ラグーナ蒲郡」を買収し、「次の一手」に挑む

印刷

   エイチ・アイ・エス(HIS)の沢田秀雄会長が、テーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)再生の実績をもとに、次の一手を打ち出した。愛知県蒲郡市の複合レジャー施設「ラグーナ蒲郡」の再建だ。

   愛知県などの第3セクター「蒲郡海洋開発」からテーマパークなど3事業を5億円で買収。2014年8月1日に事業を始めたHIS全額出資の新会社「ラグーナテンボス」(東京)が、3事業を引き継ぎ、立て直しを図る。

三河地区のリゾート施設

ラグーナ蒲郡は「愛知のハウステンボス」となれるか(写真は長崎県のハウステンボス)
ラグーナ蒲郡は「愛知のハウステンボス」となれるか(写真は長崎県のハウステンボス)

   ラグーナテンボスには、これまでも「ラグーナ蒲郡」経営にかかわってきたトヨタ自動車が来年初めに出資し、発行済み株式の3分の1程度を保有する方針。地元巨大企業のバックアップを得て背水の陣で臨む。

   ここで簡単にラグーナ蒲郡について説明しておこう。静岡県寄りの愛知県東部、いわゆる三河地区の沿岸に1980年代末のバブル経済期に構想された。愛知県やトヨタなどが出資する第3セクター「蒲郡海洋開発」によるリゾート施設だ。

   1991年に開発に着手し、中核施設は海のテーマパーク「ラグナシア」。そう聞いただけでかなり危険な香りがするが、実際に経営は思わしくなかった。テーマパークはわずかに黒字転換することもあったが、赤字基調。埋め立ての造成費用などが重荷となり、第3セクターは2012年度末に78億円の債務超過に陥った。

   「観光の素人に事業継続は無理」と判断した愛知県やトヨタは、折しもハウステンボスの目覚ましい再建ぶりが注目されていた沢田会長に白羽の矢を立てた。

「ワンピース」の海賊船を投入

   ハウステンボスは「オランダの静かな街」をイメージしたテーマパークとして始まったものの、会社更生法の適用も受けながら18期連続赤字という崖っぷちに追い込まれていた。そこに沢田会長が乗り込んだのは10年4月だった。

   オランダとは似ても似つかぬ人気アニメ「ワンピース」の海賊船を模した遊覧船や、「巨大立体迷路」を持ち込むなど、家族連れが訪れたくなるような施設やイベントを次々に導入。値下げを断行し無料で入園できる区域を設けて客が足を運びやすくする一方、経費削減を徹底させた。今年5月、東京ディズニーランドで夜のシンデレラ城を舞台に始まった、色鮮やかな映像を楽しめる「プロジェクションマッピング」という呼び物も、ハウステンボスはいち早く導入し、集客につなげている。

   こうした改革でハウステンボスは沢田会長が乗り込んだ翌年には早くも営業黒字化を果たし、黒字額も増加基調にある。それどころか、HIS本体の2013年11月~2014年4月期決算における83億円の営業利益の6割を稼ぎ出し、HISの屋台骨になりつつある。

本業はネット時代にうまく乗れていない

   裏を返すとHISの「祖業」の旅行代理店事業は順調とはいえない。海外旅行の格安チケットを武器に業界の風雲児となった沢田会長だが、インターネットの波にうまく乗れておらず、ネット経由取引は楽天トラベルなどの後塵を拝しているのだ。

   そうした事情もあってか、ハウステンボスの実績を引っ提げ、トヨタがバックにつく心強さもあるラグーナ蒲郡の再建に挑戦する。沢田会長は初年度から黒字を目指す方針を示し、鼻息が荒い。まずは人気施設がプールで集客が夏場に偏りがちな点を改めるため、今年11月に四方を囲んだ空間で「360度プロジェクションマッピング」を始める。トヨタの工場見学を取り入れた旅行商品も検討するなど、訪日外国人の新たな観光ルートにしたい考えで、観光業界ならずとも、そのお手並みに注目が集まる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中