加藤浩次、今度はモー娘。「顔踏み」 ネット生配信で「BPO関係ねぇんだって!」と大喜び

印刷

   お笑い芸人の「極楽とんぼ」加藤浩次さん(45)が、今度は人気アイドルグループ「モーニング娘。'14」のメンバーにプロレス技をかけた。

   加藤さんは、1年前に「AKB48」渡辺麻友さん(20)の顔や頭を踏みつけ、放送倫理・番組向上機構(BPO)の審議入りしている。渡辺さんのファンからは当時、加藤さんへの殺害予告も出ていたが、なぜか今回はモー娘。ファンからの「声援」が多い。

「NGなしアイドル」に激高

   フジテレビのインターネット動画サイト「ゼロテレビ」では、2014年8月30日から31日にかけて、「24時間ゼロテレビ めちゃ×2なが~~~~~くユルんでるッ!」と題した生配信を行っている。この1コーナーとして30日夜、「爆烈お父さん」なるものが放送された。

   この企画は、加藤さん扮する「お父さん」が、ゲストの発言に逆上してプロレス技をかけるもの。1996年にスタートしたが、13年8月に「FNS27時間テレビ」内で行った際、渡辺さんの頭を蹴るなどの行為が問題となり、約1年間放送されていなかった。

   コーナー中盤、モー娘。メンバーの小田さくらさん(15)が、お父さんの印象を「蹴られると話題になる」と発言。加藤さんの怒りのボルテージがあがる中、岡村隆史さん(44)が「テレビじゃないから、これネットだから。BPO関係ない」と煽ると、加藤さんは「マジでかぁ! 関係ねぇんだって」と大喜び。小田さんを追いまわし、足を持って振り回すプロレス技「ジャイアントスイング」をかけた。

   次のターゲットになったのは、鈴木香音(かのん)さん(16)。「NGなしぽっちゃりアイドル、鈴木香音です」と自己紹介すると、加藤さんは「なんだお前、NGなしって。AV女優だって『NGなし』居ないよな」と激高。「片乳出してみ、じゃあ」との挑発を、「まだ16歳ですから無理」と流すと、「NGあるんじゃねえかよ!」とバトルに発展した。

   そこから加藤さんは「NGないんだろ」と、座布団で鈴木さんのでん部を殴打。「ノーNG」と応戦されると、加藤さんは座布団を鈴木さんの顔面に置き、「はい、踏みまーす」と全力で踏みつけた。その間、鈴木さんは笑顔のままだった。

ツイッター「踏まれてるのにめっちゃ嬉しそう」

   13年の「まゆゆ蹴り」では、一部肯定的な意見もあったが、「やりすぎ」との声が続出。ツイッターでは、加藤さんを「許さない」という声や、殺害予告まで飛び出した。しかし今回は「あまり体を張ったことはしてほしくない」という声がある一方で、好意的な意見が多い。

「ズッキさん(編注:鈴木さんの愛称)座布団越しに踏まれてるのにめっちゃ嬉しそうだった」
「めちゃイケは各メンバーに話振るだけじゃなくて、この子はこういうキャラなんだっていうのをちゃんとわかるようにしてくれるよね」
「ほんでズッキが、加藤さんに踏まれてる時ずっと笑顔だって、そこがほんとに救われるポイントだとおもう。あれでひどい顔をしてたら、問題になるんだとおもう。ズッキ、さすがやで!」

   BPOはNHKや民間放送連盟で組織された団体のため、ネットでの動画配信には関与していない。しかし、ゼロテレビの運営元はフジテレビで、「めちゃユル」も同局の人気バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」(めちゃイケ)の派生番組だ。

「『BPO関係ない』、何度も連呼してたんで、ネットもある程度目つけられそう。結局TV局がやってることやし」
「ニコ生は当然範疇外。…で良いのか?って思ってしまうくらい普通にめちゃイケのゴニョゴニョを見てる感覚」

と、「開き直り」にもとれる演出を不安視する声も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中