平壌で猪木氏らがプロレス大会 1万5000人収容の会場が満員に

印刷

   2014年8月30日から31日にかけて、北朝鮮の平壌でプロレス大会「平壌国際プロレストーナメント」が開かれた。アントニオ猪木参院議員が理事長を務めるNPO法人「スポーツ平和交流協会」と北朝鮮側の団体が共催し、日本でも有名なボブ・サップさんらが熱戦を繰り広げた。主催者発表によると両日とも会場の体育館は1万5000人以上の観客で満員となった。

   朝鮮中央通信によると、30日の開幕式で猪木氏は

「長い間閉ざされていた日朝関係のドアが開き、両国が『近くて遠い国』ではなく『近くて近い国』になることを期待する」

とあいさつした。

   同日、猪木氏は金永南(キム・ヨンナム)・最高人民会議常任委員長と会談し、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記への贈り物を託した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中