高校軟式野球で東海代表・中京が優勝

印刷

   国高校軟式野球選手権大会の2014年8月31日最終日は準決勝継続試合と決勝が兵庫県明石市の明石トーカロ球場で行われ、東海代表・中京が決勝で南関東代表・三浦学苑を2‐0で破り、2年ぶり7度目の優勝を果たした。

   中京と西中国代表・崇徳の準決勝は延長46回から再開され、50回に3点を挙げた中京が崇徳を下し決勝に進んだ。4日間にも及んだ準決勝で中京の松井大河投手は709球を投げ、決勝でも4回表1死二、三塁のピンチにマウンドに立ち栄冠を手にした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中