小林麻耶はキャラを作ってはいない! 「媚を売っている」「ぶりっこしている」といわれ心底疲れた

印刷

   フリーアナウンサーの小林麻耶さん(35)がブログで、自分は「媚を売っている」「ぶりっこしている」「裏表ありそう」という言葉に囚われ続けてきたけれど、心底飽きたし、疲れた、などと綴った。

   小林さんといえば大学時代にバラエティー番組に出演していた当時から可愛らしいと大人気だったが、一部では甘えたような話し方や身振りがわざとらしいし、鼻につくと毛嫌いする人もいた。しかしそれらはキャラを作っているわけではなく全くの「素」で、小林さんは謂れのない噂に胸を痛めていたようだ。

占いで「裏表がない性格」と出てすごく嬉しかった

「裏表がない性格」に憧れる小林さん(画像は小林麻耶さんのオフィシャルブログ)
「裏表がない性格」に憧れる小林さん(画像は小林麻耶さんのオフィシャルブログ)

   「最近思うこと...」というタイトルのブログ記事を小林さんは2014年8月30日に書いた。小林さんは8月29日放送の「バナナマンの決断までのカウントダウン」(フジテレビ系)に出演し、大好きな占い師のゲッターズ飯田さんに占ってもらったのだが、放送でカットされた部分がある、と打ち明けた。それは占いで「裏表がない性格」と出たことで、それがすごく嬉しかった。最近では自分の性格を理解してもらえる仕事の関係者の方が多くなって幸せだ、とし、

「『媚を売っている』『ぶりっこしている』『裏表ありそう』もう、この言葉には心底、飽きました。疲れました。この言葉に囚われ続けてきた自分も、手放してあげたいと思います」

   これからは批判や人のことを気にせずに、一度きりの自分の人生を思いっきり楽しんでいきたいと綴っている。

   小林さんは青山学院大学在学中にトーク番組「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系)に出演し人気者となり、アナウンサーを目指し03年4月にTBSに入社した。「チューボーですよ!」といったバラエティーからスポーツ中継、レコード大賞の司会など幅広く活躍してTBSの看板アナとして成長、お茶の間の人気者だったのだが、一部には声の出し方や仕草が男性に媚びているようで嫌だ、とか、ぶりっこキャラが鼻につくといった、人気者ゆえのアンチも生むことになった。それは09年にTBSを退社しフリーになった後でも続いた。

「見た通りのありのままの人です」と所属事務所

   ブログも攻撃され、14年4月23日付けでは就職面接に関する読者からの相談に回答し、局アナを目指していた自分はテレビ朝日の二次面接で就職本に書かれていることばかりを話したため不合格になった。そこから一念発起し絶対にアナウンサーになってやるという強い気持ちでTBSの内定を獲得した、と打ち明けた。そして、

「日本テレビ、フジテレビ、テレビ東京さんはTBSから内定をいただいたので、試験をすすむことを辞めてしまった」

と書いたことで、「結局は自慢かよ!」「嫌みだ!」などとバッシングを浴びる結果になった。4月25日には生放送のフジテレビ系「バイキング」に出演し、ブログが批判されていることが話題になると「自慢ではないです」と必死に否定したが、番組終了間際にこうしたやり取りが原因となり小林さんは悲しんで人目構わず号泣することになってしまった。この号泣も「人気取り」「わざとらしい」などといった批判につながった。

   自分の生き方や人間性に対する誤解に長く悩まされていたようだが、14年8月30日のブログを読む限りでは、吹っ切って開き直って生きていこうという決意を固めたことが読み取れる。実際の小林さんはどんな人物なのかについて所属事務所のセント・フォースに取材してみたところ、

「見た通りのありのままの人です。無理をしてキャラを作っているわけではありません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中