人気ラーメン評論家、北島秀一さんの「遺言」 「僕の病気とラーメンはまったく関係無い」

印刷

   人気ラーメン評論家の北島秀一さんが2014年9月1日、胆管がんのため亡くなった。51歳だった。

   ラーメン評論家の先駆者でありファンも多く、「ショック過ぎる、悲し過ぎる」といった声が出ている。

「僕が死んだ後に必ず伝えて欲しい」

北島さんが登場したGoogleの「こだわり人のプレイス動画」からキャプチャ
北島さんが登場したGoogleの「こだわり人のプレイス動画」からキャプチャ

   北島さんはラーメン評論家の先駆者として知られ、「ラーメン四天王」とも呼ばれた。97年にテレビ東京系「TVチャンピオン」第4回ラーメン王選手権で準優勝し、その年に全国のラーメン店の食べ歩きを記録するウェブサイト「電脳麺記」を開設した。99年には「新横浜ラーメン博物館」に転職して広報を担当し、08年からは日本ラーメン協会の顧問を務めていた。「電脳麺記」には02年に急性骨髄性白血病を発症したが、半年後に完全寛解したと書かれている。

   ラーメン評論家・山路力也さんの14年9月1日のブログによると、北島さんは12年秋に腫瘍ができて手術を受けていた。今回入院する直前の14年8月17日に会ったときは、ガンの再発と余命宣告をされたことに加え、その数日後に母を亡くして落ち込んでいたという。「正直、もう心が折れちゃったんだよね。戦う気力がなくなっちゃった」と話し、できることはないかと聞く山路さんに、

「これで僕が死んだら、北島はラーメンのせいで死んだと言われてしまうだろうけれど、僕の病気とラーメンはまったく関係無いということを、僕が死んだ後に必ず伝えて欲しい」

という言葉を託したそうだ。

   ラーメン評論家が亡くなると、ラーメンが原因であると結び付けて語られることが多いが、北島さんは生前にブログで反発していた。TVチャンピオン第二代ラーメン王で、「師匠」だったラーメン評論家の武内伸さんの命日に、

「酒の飲み過ぎで肝臓をぶっ壊して死んだくせに、『ラーメンの食べ過ぎで亡くなった』とデマを残してくれたのが少しだけ迷惑だから、一度化けて出てこい抗議してやる、と思っているのに、一度も化けて出て来てくれない【笑】」

と書いている。

訪れた店の数は1万店舗前後

   「Google プレイス」の紹介動画に北島さんのインタビューが残っている。ラーメンの魅力や、食べ歩きにかける情熱を語った内容だ。

「決して多くはない素材と手数の中で、日本全国にあってそれぞれ個性がある、地域の中でもユニークなものがある料理はほかにない」

と笑顔で話し、

「ラーメンがあるところ日本中、街の中でも山の中でも海のそばでも、場合によっては離島にも行く」

と語っていた。これまでに訪れた店の数は1万店舗前後で、1日で最高11杯ぐらいを食べたという。

   北島さんの訃報を受けてネットでは、

「なんだよーもう!!ショック過ぎる、悲し過ぎる。これからラーメン屋やりたい人達みんながっかりじゃないかと。群を抜いて美しい文章とそこから滲み出る温かい人柄、ファンでした」
「ガラケーしかなかった10年以上前は超らーめんナビの評価とかよく参考にしてたなー。武内さんも北島さんもいなくなっちゃって寂しい。お世話になりました」
「佐野実さんに続いてラーメンブームに貢献した方が相次いで亡くなるなんて寂しい事です。謹んでご冥福をお祈り致します」

といった追悼のコメントが書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中