エボラ出血熱の死者1900人に 感染なお拡大続ける

印刷

   西アフリカで広がるエボラ出血熱の感染者が3500人を超え、死者が1900人に達したと、世界保健機関(WHO)が2014年9月3日に明らかにした。

   それによると、死者は1週間前より400人近く増えているといい、感染はなお拡大を続けている模様だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中