クロマグロ、未成魚の漁獲半減で合意 2015年から

印刷

   福岡市で開かれていた太平洋クロマグロの資源管理を26か国・地域で話し合う中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の小委員会は2014年9月4日、日本が提出していたクロマグロの未成魚(30キログラム未満)の漁獲量を15年から50%削減する規制案について、正式に合意した。

   具体的には、重さ30キログラム未満の未成魚の漁獲量を2002年から3年間の平均に対して、2015年から50%削減する。さらに、漁獲制限することで15年から10年間で、クロマグロの成魚を今の倍近い4万トン余りまで増やすことを目指すという。

   会議では、資源の回復で高い目標を掲げるアメリカや、漁獲制限で慎重な立場の韓国からの異論もあったが、最終的には各国が最大限の努力をすべきだという認識で一致した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中