日本人の対中感情、さらに悪化 中国側はやや改善

印刷

   日本のNPO法人「言論NPO」と中国日報社は2014年9月9日、05年から毎年行っている日中共同世論調査の14年の結果を発表した。

   日本人に「相手国に対する印象」を聞いたところ、「良くない」(「どちらかといえば良くない」を含む)と回答した人は93.0%にのぼり、調査開始以来初めて9割を超えた13年(90.1%)よりも、さらに2.9ポイント悪化した。

   中国人の日本に対する印象は、「良くない」が86.8%で、過去最悪だった92.8%より6ポイント改善した。

   「良くない印象」を持つ理由を聞くと、日本人で多かったのが「国際的なルールと異なる行動をするから」55.1%(13年47.9%)、「資源やエネルギー、食料の確保などの行動が自己中心的に見えるから」52.8%(13年48.1%)の順で、中国の大国的振る舞いに警戒感持っていることが分かる。

   中国人では、「日本が魚釣島を国有化し対立を引き起こした」64.0%(13年77.6%)、「侵略の歴史をきちんと謝罪し反省していないこと」59.6%(13年63.8%)と領土・歴史問題を指摘する人が突出して多いが、13年よりは若干沈静化した。

両国で7割以上が現状の改善望む

日中両国で7割が現状の改善を望んでいる
日中両国で7割が現状の改善を望んでいる

   ただし、悪化している両国関係について「望ましくない状況であり、心配している」または「この状況は問題であり、改善する必要がある」と答えた人の割合は日本側が79.4%、中国側が70.4%にのぼり、両国で7割以上が現状を改善すべきだと考えていることも明らかになった。言論NPOの工藤泰志代表は

「これは静かだが、確かな国民の声」

だと指摘した。

   日本側の調査は7月24日から8月10日まで、全国18歳以上の男女(高校生をのぞく)を対象に行われ、有効回収標本数は1000だった。中国側は、北京、上海、成都、瀋陽、西安の5都市で、7月24日から7月25日にかけて18歳以上の男女を対象に行われ、有効回収標本数は1539だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中