マクドナルド、8月既存店売上高絶不調 上場以来最大の落ち込み

印刷

   日本マクドナルドホールディングスが2014年9月9日に発表した8月の既存店売上高は、前年同月比25.1%減だった。前年実績を下回るのは14年2月以来7か月連続で、01年7月の上場以来最大の減少幅となった。

   客数は16.9%、客単価も9.8%と大幅減になった。仕入れ先だった上海福喜食品が期限切れの鶏肉を加工していたとされる問題の影響とみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中