産経サイト、MSと「円満離婚」 MSNは記事提供元を大幅に広げる

印刷

   2014年10日1日から、ポータルサイトの一角が様変わりすることになりそうだ。日本マイクロソフト(MS)と産経新聞が07年10月から共同運営してきた「msn産経ニュース」がサービスを終了し、産経は新ニュースサイト「産経ニュース」(http://www.sankei.com/)を立ち上げる。9月8日にはすでにベータ版(試行版)のサイトがオープンしている。

   今回のサービス終了は、MSが自社ポータルサイト「MSN」の世界的刷新を決めたことが理由だ。MSNは産経と共同運営を始める前は、04年から07年にかけて毎日新聞と「MSNインタラクティブ」を運営していた。いわば、MSにとって新聞社との関係は「バツ2」。ただ、毎日とのサイトをめぐってはデザイン上の制約やページビューの伸び悩みが指摘されていたのに対して、産経とのサイトは商業的に成功したと評価されている。この点で、産経とは「円満離婚」となったと言えそうだ。

ウェブ描き下ろし記事や「関西発」を大幅強化

産経新聞は10月1日から独自サイト「産経ニュース」をスタートする
産経新聞は10月1日から独自サイト「産経ニュース」をスタートする

   産経の新サイトでは、ウェブ向けに書き下ろされた裁判の実況記事「法廷ライブ」、社会を揺るがした事件を背景に迫る「衝撃事件の核心」などで構成される「産経プレミアム」の記事を増やすほか、大阪本社から発信する「産経WEST」も大幅に強化する。

   写真ページ「産経フォト」もリニューアルされ、特にタブレット端末やスマートフォンで見やすくなる。

   これ以外にも、オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」を立ち上げる。ウェッジ(月刊Wedge)やWAC(月刊WiLL、歴史通)をはじめとする提携媒体の編集者が「当番編集長」として日々の議論のテーマを提供する。

MSNは読売、朝日、毎日からも配信受ける

   20年ぶりに世界的にリニューアルされるMSNの新サイトでは、利用者ごとにデザインを設定でき、PC、タブレット端末、スマートフォンといったあらゆる端末から見やすくなったのが特徴だ。掲載するニュース記事については、「メディアとのパートナーシップにより人気のコンテンツを掲載していきます」と説明。現時点では、国内の提携先として読売、朝日、毎日、産経といった全国紙に加えてウォール・ストリートジャーナルが発表されている。

   従来のMSNでは、ITや芸能、外信といった分野ではJ-CAST、ITmedia、時事通信といったネットメディアや通信社の記事も掲載してきたが、国内のニュースでは産経新聞の記事を中心だった。MSとしては、提携先を広げることで、ポータルサイトのコンテンツとしてバランスを取る狙いもありそうだ。

   なお、「msn産経ニュース」サービス終了後もMSと産経の協力関係は継続し、産経はMSNの新サイトに引き続き記事を配信する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中