サッカー川島永嗣のちょっと変わった愛され方 結婚報告で「裏切られた」「死にたい」と一部ファンが悲鳴

印刷

   サッカー日本代表でゴールキーパーの川島永嗣選手(31)の結婚発表は、大きな失望と落胆を熱狂的ファンの一部に与えてしまったようだ。

   結婚が発表されると「なぜ女が結婚相手?」「俺たちの川島が・・・・」「裏切られた」などといった声が挙がり、オネエタレントのクリス松村さんも「失恋」したことをブログに綴った。どうしてそんな反応が起きたのか。

ゲイ向け下着通販サイトが写真を掲載してから変わった

   川島選手は2014年9月10日にブログで、

「本日、かねてからお付き合いさせていただいていた彼女と入籍いたしました。彼女には海外でチャレンジしてきた時間の中でも特に厳しい時期を支えてもらい、これまで自分勝手に生きてきた人生を、これからは喜びも哀しみも苦難も、すべての瞬間を二人の人生として共有していきたいと思いました」

   と結婚を報告した。スポーツ紙などによれば相手の女性は27歳で日本とコロンビアのハーフの一般人なのだという。川島選手は似顔絵を描いて報道陣に披露したが、実は試合中に日本サポーターの席にカメラが向けられた際に凄い美女が映っていたと話題になったことがあり、まさにそれが川島選手の奥さんだったとして現在ネットでその画像が閲覧されている。

   結婚を祝福する声は多く挙がっているのだが、川島選手に関しては複雑な空気が漂っている。結婚するとは思わなかった、とか、結婚して欲しくなかった、というものまである。理由はホモやゲイと呼ばれる同性愛者に大人気で、また、こうしたことをネタに架空の物語を作って楽しんでいるファンが多数いたからだ。

   川島選手がそうした存在になったのは10年のサッカーW杯南アフリカ大会の日本―オランダ戦(日本時間6月19日)後の10年6月25日、英語圏のゲイ向け下着通販サイト「アンダーウエアクリック」が、フロントページに「ちょっと悲しそうな」川島選手の写真が掲載してからだ。無断掲載と思われるが、マッチョで短髪の川島選手の写真が世界のゲイたちにアピールしたようで、ゲイの心を掴んだ、と話題になった。

   川島選手も同性愛者であってほしいという願望も生まれ、話に尾ひれが付き、川島選手は10年からベルギーのチームに移籍しているがそれはベルギーで同性婚が認められているからだ、などと主張するファンも現れた。

「内田選手は大丈夫なのか?」と心配するファンも

   妄想はさらに膨らみ、日本代表チームでは内田篤人選手(26)と付き合っているなどといったネタが盛り上がり、二人の仲睦まじい写真を集めてみたり、内田選手は吉田麻也選手(26)からも狙われている、などとし、この3選手の三角関係で盛り上がる「腐女子」も現れた。それだけに今回の結婚が報告されると、

「いやぁぁぁぁぁぁ 俺の川島が結婚とかぁぁぁぁ」
「なんかもう死にたくなってきた」
「裏切られた思いでいっぱいだわ」
「うっちー(内田選手)は~~~~~~?大丈夫なの~~~~~~~??????」

などといった悲鳴が上がった。

   オネエタレントのクリス松村さんは結婚発表があったこの日、自身のブログで、

「わたしが片想していた方が...結婚する...そんなニュースをさっき知りました。ここ数年間、理想のタイプは?と聞かれていつもその方の名前しか言わなかったんです...私」

と悲しみを綴った。とても素敵な片思いの時間だったけれど、結婚を機に恋愛関係になるというような妄想をやめ、これからは選手としてだけ応援していきたいと書いている。

   川島選手の結婚で分かったのは、奥さんと知り合ったのは4年前で、1年半ほどの真剣な交際を経て結婚を決めたこと。ベルギーで2人は同居していたということだから、ゲイ向け下着通販サイトでの写真掲載から始まった川島選手に関する妄想は、本当に妄想でしかなかった、ということになったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中