「よこはま・たそがれ」作詞家の山口洋子さんが死去

印刷

   「よこはま・たそがれ」「ブランデーグラス」などの作詞で知られる作詞家で直木賞作家の山口洋子さんが2014年9月6日に呼吸不全のため東京都内の病院で死去したことがわかった。77歳だった。12年暮れごろから体調を崩し13年1月には誤嚥(ごえん)性肺炎で入院し、それから入退院を繰り返していた。葬儀は近親者で済ませていて後日お別れの会を後日行う予定。

   山口さんは高校を中退後に1957年に東映ニューフェース4期生として女優デビューし、19歳で東京・銀座に高級クラブ「姫」を開業し成功させる傍ら68年ごろから作詞活動を開始した。小説も執筆し1985年に「演歌の虫」「老梅」で直木賞を受賞した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中