ネトウヨに人気の竹田恒泰氏が「韓国映画の広告塔」に? 「韓国の手先になった」「裏切られた」とネットで非難の声

印刷

   「韓国が慰安婦の像を作るなら、日本は、嘘をつく老婆の像でも作ったらどうだ?」――こうした韓国に対する過激な発言で、韓国嫌いのネトウヨから持てはやされていた明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏(37)が、韓国映画の広告塔に成り下がってしまったと批判を浴びている。

   韓国映画「悪魔は誰だ」の公開記念トークイベントに登場し、いつものように韓国批判をぶち上げると思いきや「日本では作れない力のある映画」などと韓国を持ち上げたからだ。ネットでは「とうとう韓国の手先」「裏切られた!」「何か握られたのか?」などと騒ぎになった。

あの竹田が韓国を褒めることなど考えられない

映画「悪魔は誰だ」のトークイベントで熱弁する竹田氏(アルバトロス・フィルム提供)
映画「悪魔は誰だ」のトークイベントで熱弁する竹田氏(アルバトロス・フィルム提供)

   竹田氏は2014年9月15日に東京の「ヒューマントラストシネマ渋谷」に登場し、映画パーソナリティの襟川クロさんとの対談形式で現在公開中の韓国映画「悪魔は誰だ」について語った。韓国人が作った映画など見る気もしない、などと言ってきたが、今回のトークイベントへの出演依頼を機にちゃんと観てみようと思った、などと説明し、

「このままだと日本映画は負けてしまうと実感しました。深い人間愛を感じました」

と絶賛、韓国へのイメージを一変させていた、といったニュースが流れると、ネットで「これは事実なのか?」といったざわつきが起こった。あの竹田氏が韓国を褒めることなど考えられないという理由からだ。

   竹田氏といえば14年3月に「笑えるほどたちが悪い韓国の話」を出版し、韓国人や韓国社会の異常ぶりを書き連ねた。韓国人だという理由だけで軽蔑や差別はしたことはないという但し書きはあるが、「韓国の民度が低いのは言わずもがな」「中身はからっぽ」「卑怯な国」と悪口のオンパレード。日々更新しているツイッターでのつぶやきもそうで、14年2月には、

「韓国が慰安婦の像を作るなら、日本は、嘘をつく老婆の像でも作ったらどうだ?口をとがらせてまくしたて、片手には札束を握りしめて、ゆすりたかりをしている感じで」

とか、

「韓国は、ゆすりたかりの名人で、暴力団よりたちが悪い国だ。そういう国とは、付き合わないのが一番」

   また、14年7月には舛添要一都知事が朴槿恵大統領と会談し、こじれた日韓関係を修復しようと動いたことに対し、

「せっかくいい感じで韓国と仲悪くなっているのに、舛添知事は本当に余計なことをしてくれた」

などと批判していた。

自分の商売のため嫌韓を利用していただけ?

   ネトウヨの代表とか、ネトウヨのアイドルなどとも称される竹田氏が、まさか「韓国映画の広告塔」のような真似をするはずがないし、日本映画と韓国映画と比較して日本映画を貶めるような発言はしないはずだと信じていた人たちはショックを受けたようだ。

「裏切られた!」
「なんか握られたな、こいつはもう終わりだろう。韓国の手先になったな」
「竹田の嫌韓ポジションは結局は商売のためだったのか?」

などといった意見が掲示板などに出た。

   ところで、どうして竹田氏は今回のトークイベントに登場することになったのか。映画配給会社のアルバトロスに話を聞いてみると、竹田氏が韓国に対し厳しい態度を取っているのは有名だから、あえて話題提供の観点から韓国映画に対する忌憚のない意見を述べてもらおうと企画したものだということだった。映画をしっかり見た竹田氏からは、力のある映画であり日本では作るのが難しいといった称賛もあったという。

「韓国の話題ではセウォル号事件などを取り上げていましたが、それは映画を説明するためのもので、いつも口にしているような韓国人や韓国に対する厳しい発言はありませんでした」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中