日通の派遣社員、同僚をツイッターで次々中傷 「ほんまに臭いし気持ち悪い笑」・・・すでに退職

印刷

   大手物流会社「日本通運」の男性派遣社員(21)が、同僚の顔を次々に晒して「臭いし気持ち悪い」などとツイートしていたことが分かった。この派遣社員はすでに退職しており、日通では、「不適切な内容」だったとして謝罪している。

   下半身がパンツだけのように見える中年男性が、日通の作業着を上だけ着て、トラックの荷台で段ボール箱を運ぶような仕草をしている。

パンツ姿?の同僚を顔が見えるように晒す

派遣社員が同僚を次々に「晒し上げ」た(画像は日本通運のホームページ)
派遣社員が同僚を次々に「晒し上げ」た(画像は日本通運のホームページ)

   大阪府内の支店に勤務していた男性派遣社員が、2014年8月28日にツイッターにアップした写真だ。

   「この派遣できたおっさんズボンなくしたとかほざきだした笑」。

   この説明によると、中年男性は、作業着の下を紛失したということらしい。写真では、男性の顔がはっきりと見えるが、派遣社員はそれに構うことなく、「おもろすぎるこいつ笑」と揶揄し、「ほんまに臭いし気持ち悪い笑」とまで書いていた。

   その後も仲間とみられるツイートに反応して、「こいつ使われへんから朝だけ笑」などとこき下ろしている。

   この派遣社員は、過去にも同僚らを次々に中傷するツイートをしていた。

   6月3日には、一緒に昼食中という日通の作業着を着た男性の写真をアップし、「今変な仕事場の臭いおっさんとランチなうやて」と報告した。この男性は帽子のつばに目が隠れてやや下を向いているが、関係者が見れば分かるかもしれない。

   さらに、7月18日には、日通の作業着を着た中年男性の写真を顔がはっきり分かるようにアップし、「もう五十過ぎてんのにすいません以外喋られへんしAKBの握手会の為に働いてるらしい」と笑いものにしていた。

   一連のツイートは、9月2日ごろから2ちゃんねるなどで話題になり、派遣社員の身元が特定されるまでの騒ぎになった。

「不適切な内容でご迷惑をおかけした」

   日通の派遣社員が同僚を晒した行為について、ネット上では、「弱者をバカにして相対的に有利になって悦に浸ってるんだろうなー」「まずは最低限のモラルのある会社になれよ」といった批判が相次いだ。日通では同僚へのいじめが行われているのか、といったうがった見方まであった。

   そして、派遣社員の過去のツイートも次々に問題にされた。

   友人らと夜中まで飲酒したと2014年8月26日に報告した数時間後にトラックを運転していたことも分かり、「勤務中の飲酒運転では」との憶測も出た。また、プライベートでも、9月2日に「明日楽しみやなー笑 サザエとり笑」と明かしており、「密漁するつもりか」と疑問視された。

   ネット上で騒ぎになると、同僚を中傷したツイートは次々に削除された。

   日通の広報部では、取材に対し、派遣社員が8月28日にツイッターで顔を晒して腐した中年男性が日通の従業員であることを認めた。そして、派遣社員の行為を「問題があると考えています」とした。ただ、いじめがあったかは把握していないという。従業員はパンツ姿で作業をしていたことはなく、着替えているときの写真なので問題はないとしている。

   6月3日と7月18日のツイートについては、「晒されたのが従業員か分かりませんので、何ともお答えできないです」と話した。

   飲酒運転については、トラックに乗る前と乗った後に機械でアルコールチェックをしたとして、「そういった事実はありません」と言っている。しかし、誤解させるツイートは好ましくないとした。

   一連のツイートについては、「不適切な内容でご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。今後は、社内のコンプライアンスを強化し、再発防止に努めたい」と話している。時期や理由は明かせないとしたものの、派遣社員はすでに日通を退職しているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中