湘南乃風・若旦那が東北ファンの要望に応えライブ日程変更 「3.11はその日しかないからです」

印刷

   レゲエグループ「湘南乃風」のメンバー・若旦那(38)が2014年9月17日、15年1月末から4月初めにかけて行われる全国ソロツアー「絶対に諦めないよ、オレは!!ツアー2015」の日程を一部変更する、とツイッターや画像共有サイト「インスタグラム」で発表した。

   9月12日、ツイッターで発表されたツアー全日程に一部ファンが「3月11日に京都でライブが予定されている」とツッコミを入れたことがきっかけ。実は14年の3月11日、若旦那はMINMIなど仲間のアーティストを集め、東日本大震災で大きな被害に遭った東北の仙台で「忘れない 3.11」と称したオールナイトのライブイベントを開催していた。どうやら東北のファンは2015年も同じ日にイベントが開催されることを待ち望んでいたらしい。

日程被りは完全な自分のミスと認める

「『発信者』として今後に伝えていく」と思いを語った(画像は若旦那の公式ブログより)
「『発信者』として今後に伝えていく」と思いを語った(画像は若旦那の公式ブログより)

   同日、

「来年ゎ忘れない3.11開催予定ないんですかね(´・_・`)? 今年の忘れない3.11行って、閖上の子のリアルで貴重な話を直接耳にできて、すごく考え方変わりました。東北が復興するまで続けると思っていたので少し残念です(._.)泣」
「みんな、不安だよ」

などのリプライをうけた若旦那は13日、日程被りは完全な自分のミスと認めた上で、「日程の部分の確認をイベンターとやっていなかった!急遽、答えを出します!」とツイートした。

   そして16日、「忘れない 3.11」を来年も実施することをブログで報告。同時に3月11日のライブを3月5日に振り替える旨を発表した。既にチケットのファンクラブ先行予約が始まっているため、日程変更は大きなリスクを伴う。それでも実行したのは、東日本大震災を忘れない、発信者として今後に伝えていく、という信念だったという。

多くのファンがツイッターで決断を支持

   この判断には、

「風一族には誰1人不満持つ人いませんよ」
「仙台で待っているみんなや、京都で待っているみんな...どちらも旦那に会えるし、うん!不満を持つ人はいないと思う」

と多くのファンがツイッターで決断を支持した。

   同日、若旦那はライブの日程より「喉の状態」を気にしていたことが日程被りの理由だとインスタグラムで明らかにしながらも、

「やっぱり、3.11はその日しかないからです。わがままだと思ってます! けど、やり始めたことを自分の都合でやめたくないんです」

   と思いを綴っている。同時に京都のライブチケットを既に予約していたファンに対して深く謝罪した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中