話題沸騰「3Dプリンターを組み立てる」雑誌創刊 全55冊、11万円出すなら市販品の方が安い?

印刷

   毎号ついてくるパーツを組み立てて「3Dプリンター」を完成させる「週刊マイ3Dプリンター」をデアゴスティーニ・ジャパンが創刊し、話題になっている。3Dプリンターを完成させるには全55冊を買わなくてはならず、11万円近くかかる。

   そこで、はたして買うべきかどうかで様々な議論が起きている。市販の完成品には10万円を切るものもあり、こちらを買った方が安心だという見方もある。

市販のプリンターは今後性能が上がり、価格も安くなる?

完成は1年以上先の話...(画像はデアゴスティーニのホームページより)
完成は1年以上先の話...(画像はデアゴスティーニのホームページより)

   「週刊マイ3Dプリンター」の創刊号は税込999円で2014年9月16日発売された。2号からは1998円(税込)になる。プリンターは縦250ミリ×横250ミリ×高さ270ミリの大きさで、出力素材はPLA(自然素材のポリ乳酸)とABS(プラスチック樹脂)に対応する。組み立てには家庭にある一般的なドライバーとレンチが必要で、紙面や動画で丁寧に組み立て方を説明するとしている。

   監修は3Dプリンターの組み立てキット「BS01」シリーズを販売している日本のメーカー、ボンサイラボが行っている。完成した後にプリントアウトするための3Dモデリングの基礎も学べる。

   3Dプリンターを手に入れられるということで話題沸騰となっているこの新雑誌、買うべきかどうかで様々な議論が起きている。11万円を払って自分で組み立てるくらいなら市販のものを買った方がいいし、返品や修理も頼めるという見方もある。ちなみに監修をしているボンサイラボのキットはネットスーパーのアマゾンで9万円くらいから売っている、という。

   また、完成できるのは1年以上先の話になるため、市販のプリンターの性能がさらに上がって、価格も安くなっているはず、と考えている人もいる。一方で、デア社が提供するのは作る楽しみでありそれによって得られる経験と知識だから、市販品と比べるのは間違っている、といった主張もある。

今回は「一部の地域の方々のみの限定」販売

   いろいろ議論がされている「週刊マイ3Dプリンター」だが、ちょっと販売がおかしなことになっている。デア社のホームページにある注文ページから申し込んでもだれでも買えるわけではないからだ。

   注文殺到のため売り切れになっているという訳ではない。デア社に取材してみたところ、「詳しい事は話せない」としたうえで、今回は「一部の地域の方々のみの限定」販売をしているということだった。その地域以外からのアクセスは自動的に弾くことになっているのだという。ただし、そういった断り書きはホームページ内の説明文には見あたらない。

   そして、誰でもが購入できるようになるのは「来年の4月以降をメドにしています」。先行販売した人たちを特別先行で完成させるというわけではなく、数号を発行した後、しばらく間をあけ、2015年4月以降に一般販売する。読者は同時期に完成、ゴールインしてもらう計画だそうだ。そのため、デア社では完成時の3Dプリンタースペックを含め「お話しできる内容は今のところありません」ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中